Pabloのゆるっと空陸マイル

海外出張と陸マイルでANAマイル貯めて海外旅行!ホテルはスターポイントで。

【最新版】これさえ読めばすぐに始められる!誰でも簡単に大量にANAマイルを貯める方法。これから始める人に簡単おすすめルートを紹介。

f:id:tiad2417:20180405225533p:plain


2018年4月より、ANAマイルを大量に貯める方法は1つの転機を迎えました。



ANA マイルを大量に貯める方法が変わったのです。

2018年3月31日まではソラチカルートという方法が王道でしたが、ルートの一部を寸断されてしまったためルート変更を余儀なくされました。




ソラチカルートが寸断された今、陸マイラーに残されている「ANAマイルを大量に貯める方法」は、大きくは以下の2つとされています。

nimoca ルート
〇 LINEソラチカルート






上記2種類の方法のうち、nimocaルートは最終的にANAマイルに交換するために、九州や北海道にある交換機にてANAマイルに交換する必要があり、そこに行くためには費用やマイルが必要になるため、万人に適しているとは言い難いです。




誰でも簡単に再現可能なANAマイルを大量に貯める方法は、「LINEソラチカルート」です。



これから陸マイラーになって大量にANAマイルを貯めたい人には、この「LINEソラチカルート」こそが王道となります。





この記事では、「LINEソラチカルート」で誰でも簡単に年間216,000 ANAマイルを貯める方法を紹介するとともに、これからマイルを大量に貯め始める人への簡単おすすめルートも紹介します。




この記事さえ読めば、今日からすぐにでも大量ANAマイルを貯め始められます!

あえて、そんな記事にしています。





さぁ、大量にANAマイルを貯めて、自由に世界を飛び回りましょう!
f:id:tiad2417:20180524161123j:plain


【最新版】これさえ読めばすぐに始められる!誰でも簡単に大量にANAマイルを貯める方法。これから始める人に簡単おすすめルートを紹介。


一般的に知られているANAマイルを貯める方法



f:id:tiad2417:20180404102223j:plain


一般的にANAマイルを貯める方法は以下の2つだと思われています。

①実際に飛行に乗る
ANAカード等のクレジットカード決済

飛行機に乗る際に優先的にANAを利用するという人も多いです。

また、「ANAマイルを貯めている」という人の多くは、ANAカードを持っていて、「これで優先的に決済している」と言います。



上記2つの方法は、確かにマイルを貯めることはできます。

しかし、これらの方法で「大量」ANAマイルを貯めることができるのは、ほんの一部の人に限られます。



例えば、出張が多いビジネスマン。
例えば、お金持ち。





あなたは、

大量にマイルを貯められるほど、飛行機に乗りますか?
大量にマイルを貯められるほど、カード決済できますか?




特に後者のカード決済は、よくて決済金額の1%ほどしかマイルを貯めることができません。


その場合、冒頭で紹介した年間216,000マイルを貯めるためには、クレジットカードでの決済を年間21,600,000円分しなければなりません。


年間に21,600,000円をクレジットカードで決済できる人は、日本の中で1%にも満たないでしょう。





では、私Pabloを含む一般人はどうすればANAマイルを大量に貯めることができるのでしょうか。



その答えが、"LINE ソラチカルート"です。



"LINE ソラチカルート"で、誰でも簡単に年間最大216,000 ANAマイルを貯めることができます。




何万ANAマイルあれば、どこに行けるの?



では、今後の活動目標がイメージしやすいように、実際にどのくらいのANAマイルがあれば、どこの地域にに行けるのかを先に紹介します。

f:id:tiad2417:20180330164335j:plain
f:id:tiad2417:20180330163154p:plain



例えば、みんな大好きハワイにビジネスクラスで往復するには、1人あたり65,000 ANAマイル必要です。(レギュラーシーズン)
f:id:tiad2417:20180404103159j:plain



例えば、あこがれのヨーロッパにビジネスクラスで往復するには、1人あたり90,000 ANAマイル必要です。(レギュラーシーズン)
f:id:tiad2417:20180404103624j:plain





前述した年間で貯められるANAマイル数を覚えてますか?


216,000 ANAマイルです。




家族3人ビジネスクラスで、ハワイに行くことができます。
ヨーロッパに夫婦2人、ビジネスクラスで行くことができます。






216,000 ANAマイルあれば、大げさではなく、どこにでも行けます!

Pablo自身のANAマイルの積算・使用実績



f:id:tiad2417:20180524163602p:plain


上記のグラフだと、一見、あんまりマイル数が増えていないように見えます。




しかし、この1年間のANAマイルの使用実績を見てください。
f:id:tiad2417:20180402095936p:plain


1. 2017年3月に発券した、2017年6月のスペイン旅行の海外特典航空券夫婦二人分120,000 ANAマイル。
f:id:tiad2417:20180404105423j:plain
www.pablomile.com




2. 2017年7月に発券した、2017年9月の山口旅行男旅の国内線特典虚空権1人分15,000 ANAマイル。
f:id:tiad2417:20180404105713j:plain
www.pablomile.com




3. 2017年8月に発券した、2018年1月の香港旅行の国際線特典航空券4人分 104,000 ANAマイル。
f:id:tiad2417:20180404110421j:plain
www.pablomile.com





4. 2017年11月にスカイコイン化して、ANAダイヤモンド修行費用に当てた100,000 ANAマイル。
f:id:tiad2417:20180404110314j:plain
www.pablomile.com




5. 2017年12月に発券した、2018年1月の帰省の夫婦分1レグ分 18,000 ANAマイル。
www.pablomile.com




6. 2018年3月に発券した、2018年4月の韓国旅行の国際線特典航空券夫婦二人分 24,000 ANAマイル。
www.pablomile.com




7. 2018年3月に発券した、2018年6月のUK旅行の国際線特典航空券二人分 120,000 ANAマイル。




この1年間で、実に約50万マイルを使用していることになります。




これって凄いことじゃないですか?



もちろん、これには海外出張で貯まったマイルも含まれていますが、それ以外に毎月18,000 ANAマイルがコンスタントに入ってくることで、これまで以上にANAマイルを貯められ、使うことが出来ました。




ご参考までに、純粋に獲得マイル数だけを積み上げたグラフがこちらです。
f:id:tiad2417:20180402100109p:plain
陸マイル18,000 ANAマイルが毎月積み上がりだした7月から、積算ペースが明らかに上がっています。





事実、ANAマイルがたくさんあれば、このようにいろんな世界へ行くことができます!



では、どのようにして毎月18,000 ANAマイル、年間合計216,000 ANAマイルを生み出すことができるのかを紹介していきます。

【LINEソラチカルート】毎月18,000 ANAマイル、年間216,000 ANAマイルを貯める仕組み



f:id:tiad2417:20180404112110p:plain


大量にANAマイルを生み出すことができる「LINEソラチカルート」


まずは、その全体の仕組みを紹介します。

f:id:tiad2417:20180404113142p:plain


上記の仕組み・ルートを使うことで、毎月18,000 ANAマイル・年間216,000 ANAマイルを生み出すことができます。


この仕組み・ルートを「LINEソラチカルート」と呼びます。



これだけ見ても、これから陸マイル活動を始めてANAマイルを貯めようとしている人にとっては、複雑怪奇で訳がわからないと思います。







上図を見ると複雑に見えてやる気が削がれると思いますが、やることの核心部は実は非常にシンプルです。


すごく単純化すると、「ポイントサイトでポイントを稼いで、それをANAマイルに交換する」というものです。

f:id:tiad2417:20180404114749p:plain






先に紹介したLINEソラチカルートの、ポイントサイトとANAマイルの間に存在するいくつかもの経由地は、あくまでも「ポイントサイトのポイントを最高交換率81%でANAマイルに交換するため」のものです。

f:id:tiad2417:20180404130057p:plain







ポイントサイトによってはそのポイントをANAマイルに直接交換することもできますが、最高でも以下のように50%の交換率にしかなりません。(直接ANAマイルに交換できないサイトも多いです。)
f:id:tiad2417:20180402130915p:plain



例えば50%の交換率で、ポイントサイトのポイント 22,300 円分をANAマイルに直接交換すると、11,150 ANAマイルです。(中途半端なポイント数にしているのには訳があります。)

f:id:tiad2417:20180404131053p:plain







ところが、先ほどの"LINEソラチカルート"を経由すると、先ほど挙げたポイントサイトからのANAマイルへの最終交換率は81%にも跳ね上がります。
f:id:tiad2417:20180402131409p:plain
※直接交換できなかったポイントサイトのポイントもこの"LINEソラチカルート"を経由することで、81%の交換率でANAマイルに交換できるのです。




先ほどと同じように、ポイントサイトのポイント22,300円分をANAマイルに"LINE ソラチカルート"経由で交換すると、最終的に18,000 ANAマイルに交換することができます。(余り70メトロポイント)
f:id:tiad2417:20180402172314p:plain





その差、最低でも31%、この場合だと6,850 ANAマイルにもなります。
f:id:tiad2417:20180402133550p:plain



この差は非常に大きいです。



この大きな差のために、以下のいくつもの経由地を介してANAマイルに交換するのです。
f:id:tiad2417:20180404130057p:plain





これが、大量ANAマイルを生み出すルート"LINE ソラチカルート"です。






ポイント

〇ポイントサイトでポイントを稼いで、大量ANAマイルに交換する。
〇ポイントサイトで稼いだポイントを最高交換率でANAマイルに交換するために、いくつかの経由地を介する。







【LINEソラチカルート】
f:id:tiad2417:20180404113142p:plain


ANAマイルの原資を稼ぐ『ポイントサイト』とは



f:id:tiad2417:20180404133212p:plain


『ポイントサイト』って聞いて「めっちゃ怪しい」と思った方、私のはじめの印象と同じです!


ポイントサイトと呼ばれるサイトは、そのポイントサイトの会員が、サイト内に掲載されている広告を利用することで、現金にも交換できるポイントをもらえるというものです。

ますます怪しく感じましたか?





ちゃんと解説しますね。

ポイントサイトとは、簡単に言えば、いわゆる広告媒体です。

テレビCMや雑誌広告などと同じく、企業が広告を掲載する場所の1つです。



広告主である企業が、ポイントサイトという媒体に広告を出し、その広告を消費者であるユーザーが利用することでポイントを獲得できる、広告主・広告媒体(ポイントサイト)・広告利用者(消費者・ユーザー)それぞれにメリットがある仕組みになっています。




その仕組みを図にして、それぞれのメリットを解説します。
(例としてビックカメラの広告を利用する場合)
f:id:tiad2417:20180312142522p:plain


広告主であるビックカメラはポイントサイトに広告を出すことで、通常よりもユーザーの成約率を上げたり、競合家電量販店でユーザーが製品を購入することを抑止することを狙います。

広告媒体であるポイントサイトは、広告主から成約率等の実績に応じて、広告出稿費を得ます

私たち消費者・ユーザーは、ポイントサイト経由で商品を購入したり、サービスを申し込むことで、現金にも交換できるポイントを獲得することができます。





一般的にポイントサイトが怪しく見えるのは、ポイントサイト・広告主にどういった利点があるかわからないのに、私たちユーザーにだけ大きな利点があるように見えるからです。



前述のように、広告主・広告媒体(ポイントサイト)・ユーザー、それぞれにメリットや狙いがあるのでこの仕組みは成立しているのです。




広告出稿する企業の多くも、ポイントサイトに広告を掲載することに効果を見出しているため、出稿を続けているのでしょう。


現に以下に挙げるような大企業が、ポイントサイトに継続的に広告出稿をしています。

楽天Yahoo!ANADellネスレベルメゾンApple Storeじゃらん、 ニッセン、 ビックカメラヤマダ電機、 ツタヤ、 JALHMVタワーレコード、 一休、 ぐるなび、 ドミノピザ、 サントリーファンケルロクシタン東急ハンズ、 髙島屋、ほか多数。


また、実際に1年以上いくつものポイントサイトをPabloは利用していますが、一度も怪しい目にあったことはありません。

ご安心ください。



ポイント

〇ポイントサイトは広告媒体の1種
〇広告主・ポイントサイト・ユーザー(私たち)、3者にそれぞれメリットや狙いがあるので、この仕組みは成立している。
〇たくさんの大手企業がポイントサイトに広告を出稿している。
〇Pablo自身、怪しい目にあったことはない。




ポイントサイトで何をしてポイントを稼げばいいの?



f:id:tiad2417:20180404162406p:plain


ポイントサイトでポイントを稼ぐための案件ジャンルは様々です。


Pablo自身、この1年で様々な案件ジャンルを実施しましたが、その中で代表的なものを以下に紹介します。

①買い物
②クレジットカード発行
③FX口座開設
④外食モニター


それぞれについて、簡単にこれから説明していきます。

①買い物



皆さん、インターネットで買い物はしますか?


日本で代表的な、インターネットでの買い物ができるサイトに、「楽天市場」があります。
f:id:tiad2417:20180404162732g:plain


知らない人の方が少ないのではないでしょうか。


この「楽天市場」での買い物も、ポイントサイトを経由することで、いつもの「楽天ポイント」に加えて、ポイントサイトのポイントを獲得することが出来ます。
f:id:tiad2417:20180404170258p:plain



例えばハピタスというポイントサイトの場合、いつもの「楽天ポイント」に加えて、ハピタスというポイントサイトのポイントとして「楽天市場」での買い物の金額の1%を獲得することができます。



1万円分の買い物を「楽天市場」でする場合、ハピタスを経由すると、通常の「楽天ポイント」とは別に100円分(1万円の1%)のハピタスのポイントを獲得することができます。





方法も非常に簡単で、ハピタスに行き、上図赤枠内の[ポイントを貯める]をクリックすると楽天市場のトップページに飛びますので、あとはいつもと同じように普通に買い物するだけです。
f:id:tiad2417:20180402144457p:plain




②クレジットカード発行



クレジットカードで現在、一般的に認知度が高いのは楽天カードでしょうか。

f:id:tiad2417:20180404170624p:plain



テレビCMも頻繁に流れており、その際、「5,000ポイントプレゼント」など発行することによって大量楽天ポイントがもらえたりします。




実は、この楽天カードもカード発行案件としてポイントサイトにあったりします。


その際は、楽天カード発行で通常の「5,000ポイント」に加えてポイントサイトでのポイント「1万円分」がもらえることもあります。

f:id:tiad2417:20180404171847p:plain



年会費無料のクレジットカード発行で、そのクレジットカードの入会キャンペーンによるポイント獲得(楽天カードの場合は楽天ポイント最大5,000ポイント)に加えて、現金にもできるポイントサイトのポイントが1万円分獲得できることもあるんです!




こういったクレジットカード発行によるポイント獲得案件は、それなりに数があります。



③FX口座開設+取引



FXは聞いたことがある人も多いと思います。

そのFX口座の開設と取引数回を行うと、1万円程度のポイントサイトのポイントを獲得できるという案件です。



FXはリスクも大きい取引の一つとして知られていますが、ポイントサイトの条件クリアのために機械的に数回取引をするだけで、1万円分以上のポイントがもらえることもあります



案件としては非常にオイシイと言えます。

一時期よりは、ポイントが低くはなってしまいましたが、まだまだ案件としての価値は大きいです。


④外食モニター



外食モニターとは、飲食店の覆面調査のことです。


指定された飲食店に通常の客を装って行き、食べ物や飲み物・サービスの質をチェックして、アンケートに答えるというものです。
www.pablomile.com



この覆面調査をすることで、例えば、飲食費の50%分のポイントサイトのポイントを獲得できたりします。

このパーセンテージは飲食店によって異なります。



例えば、50%分のポイント還元であれば、10,000円分の飲食をした際に、5,000円分のポイントサイトのポイントがもらえます。









上記の4つの案件ジャンル以外にも、たくさんの案件がポイントサイトにはあります。

自分に合った案件ジャンルを組み合わせながら、継続的にANAマイルの原資となるポイントを稼いでいうことで、ANAマイルを生み続けることができます。


ただ、自分がやりたくない案件ジャンルはやる必要はありません。

無理のない形で、楽しく続けることが1番ですからね。



案外、特別お金や時間をかけずとも、ポイントは貯まっていきますよ。



ポイント

〇ポイントサイトの案件ジャンルは様々
〇代表的なものは、①買い物②クレジットカード③FX④外食モニター
〇自分がやりたくない案件は、やらなくてよし
〇案外簡単にポイントは貯まる
〇楽しく続けることが大切



これから陸マイル活動を始める人向けおすすめショートカットルート



f:id:tiad2417:20180405133900p:plain


ポイントサイトのポイントを最高交換率でANAマイルに交換できる"LINEソラチカルート"ですが、これから陸マイル活動をはじめようとする人にとって、非常にハードルが高く見えます


f:id:tiad2417:20180404113142p:plain




ハードルが高く見える理由は以下の2つです。

理由①:ANAマイルに交換するまでに5つの経由をする必要がある
理由②:ルート完成のために2つのクレジットカードを作らなければならない。





まずやる気を削がれるのは、「例外を除いて」、ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに交換するまでに5つの経由をしなければならないということです。
f:id:tiad2417:20180405094202p:plain

各ポイントサイト→PeX→ワールドプレゼントポイント(三井住友VISA)→G-Point→LINE POINTS→メトロポイント(ソラチカカード)ANAマイル



心が折れそうじゃありませんか?


私自身が陸マイル活動をはじめようとした際に、この5つの経由を見ると完全に心が折れますね。






また、この経由の中でも表記している通り、このルートを開通させるためには2つのクレジットカードを作る必要があります。


まずは、ワールドプレゼントポイントを使うため、三井住友VISA系のクレジットカードが必要です。

f:id:tiad2417:20180402170348j:plain

f:id:tiad2417:20180402170353p:plain




また、メトロポイントからANAマイルに90%の交換率で交換するために、ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)を発行する必要があります。

f:id:tiad2417:20180402170652j:plain


ますますハードルが高いですねー。








そこでPabloが、これから陸マイル活動を始める人におすすめするルートはこちらです。

f:id:tiad2417:20180402172950p:plain



これらのルートであれば、多くても経由が3回クレジットカード1枚作るだけでOKです。


これらのルートは、先ほどの"LINEソラチカルート"のいわゆる「例外ルート」です。


実は、陸マイル活動のほとんどは、この例外ルートで十分カバーできます。




先ほど挙げたポイントサイトのポイントを稼ぐ代表的な案件ジャンルを思い出してください。

①買い物
②クレジットカード発行
③FX口座開設
④外食モニター




実は、「例外ルート」で利用するポイントサイトで上記などの代表的な案件ジャンルはカバーできてしまいます

ちょびリッチ・・・いわゆる総合ポイントサイトの1つ。買い物・クレジットカード・FX・外食を全てカバーできます。
モッピー・・・こちらも総合ポイントサイトの1つ。先に挙げた案件ジャンルの外食モニター案件以外をカバーできます。
ポイントタウン・・・最近おとなしめだが、こちらも総合ポイントサイトの1つ。全ジャンルをカバーできます。



このうち、ちょびリッチやモッピーは、案件最高値案件を時折出す優良な総合ポイントサイトです。

また、ポイントタウンは買い物案件で、「楽天市場」利用時の最高ポイント還元率を誇るポイントサイトの1つです。



そして、この”LINEソラチカルート”において重要な中継サイトになるGポイントも、実はそれ自体でポイントを稼ぐことができます。

例えば、Gポイントには「外食モニター」案件があります。







つまり、2018年4月以降の陸マイル活動は、実はLINEソラチカルートのこの「例外ルート」だけで大部分は成立するということです。






では、なぜ様々なサイトで、この5つもの経由、2つのクレジットカードが必要とする"LINEソラチカルート"が推奨されているか


それは、既存の陸マイラーが旧ソラチカルート用に利用してきたポイントサイトを使ってANAマイルに高交換率で交換したいからです。



言ってみれば、これは「無理矢理ルート」です。

f:id:tiad2417:20180405224023p:plain




これから陸マイル活動を始めてANAマイルを貯めようとされている方が、この「無理矢理ルート」に付き合う必要はないと、私自身は思います。


図にあるようなポイントサイトは決して、「マスト」ではありません。




もちろん各案件の最高値だけをストイックに実施する際はこの「例外ルート」以外も利用すべきかもしれませんが、正直そこまで大きなポイント差は出ないと、経験上Pabloは思っています。

どこかのポイントサイトがある案件を高値で出せば、その高値にある程度追随するポイントサイトがいくつも出てきます。

そういうもんです。


そういった意味でも、案件は、このちょびリッチモッピーポイントタウンで比較して、この中で最高値をオファーするポイントサイトで案件を実施すれば十分だと思います。






これからANAマイルを陸マイル活動をして頑張って貯めよう」という人は、以下の"ショートカット版LINEソラチカルート"で十分です!
f:id:tiad2417:20180405130633p:plain





このショートカット版LINEソラチカルートをフル活用して、早速ANAマイルを貯めていきましょう!




ポイント

〇これから始める人は、ショートカット版LINEソラチカルートだけで十分
〇長い方のルートは既存陸マイラー御用達の"無理やりルート"



簡単4ステップで今日から陸マイル活動をスタート!!



f:id:tiad2417:20180405143431p:plain


これから紹介する簡単な4つのステップで、今日からでもANAマイルを大量に貯めるための陸マイル活動をスタートさせることができます!





【今日から陸マイル活動を始める人の簡単4ステップ】

ステップ1:
ショートカット版LINEソラチカルートで利用するポイントサイトの会員登録をする


ステップ2:
LINEソラチカルートで利用する中継サイトGポイントの会員登録をする


ステップ3:
LINEソラチカルートに必要なANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)を発行する


ステップ4:
ポイントサイト案件の情報収集用に、Twitterアカウントを作成する



この簡単4ステップで、今日からすぐにでもANAマイルを大量に貯めるための活動を始められます。

これで、今日からあなたも陸マイラーです!



ステップ1:ショートカット版LINEソラチカルートで利用するポイントサイトの会員登録をする



f:id:tiad2417:20180405145337p:plain


まずは、大量ANAマイルの原資となるポイントを稼ぐためのポイントサイトに登録しましょう。

登録だけなら、1つポイントサイトあたり5分以内で終わりますので、サクッと終わらせてしまいましょう。




登録すべきは、先ほど紹介した「これからANAマイルを貯め始める人向け」ショートカット版LINEソラチカルートで利用する3つのポイントサイトです。
f:id:tiad2417:20180403090941p:plain
※注意点として、ポイントサイト毎に1ポイントあたりの価値が違います。全ポイントサイトでポイントの単位が1ポイント=1円分ではありませんのでご注意ください。








それでは、それぞれのポイントサイトについて簡単に紹介していきましょう。




まず1つ目にご紹介するのは、ちょびリッチです。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

f:id:tiad2417:20180403091312p:plain



ちょびリッチは、前述の通り総合ポイントサイトです。

ひと通りの案件ジャンルは揃っている印象ですが、特にクレジットカード発行案件で高値を出すことが多い印象です。


Pablo自身は、クレジットカード発行や外食モニターをメインで使用しています。

案件全体として、平均的にポイントは高めな印象です。
是非、登録・利用しましょう!


こちらのバナーから無料会員登録すると、250円分のポイントがもらえます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ










2つ目にご紹介するのは、モッピーというポイントサイトです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

f:id:tiad2417:20180403094645p:plain


モッピーは、現在、陸マイラー界でもっとも勢いのあるポイントサイトと言っても過言ではありません。


モッピーもいわゆる総合ポイントサイトですが、外食モニターはありません。
ですが、それ以外の案件ジャンルで最近最高値ポイントをつけることも多いです。


そのため、今後一番注目すべきポイントサイトです。

1ポイント=1円分というのもわかりやすく、好感が持てます。


また、モッピーはANAマイルだけでなく、JALマイルも高い交換率で交換することができますので、そういった意味では非常に使い勝手が良く、使用頻度が高いでしょう。


この記事はANAマイルの貯め方についてなので、モッピーJALマイルキャンペーンはこちらをご参照ください。
pc.moppy.jp



陸マイル活動をしていく上で、モッピーは外せないポイントサイトです。






現在モッピーでは、新規登録に関して「初夏の友達紹介キャンペーン」が行われています。

最大で1,300円分のポイントがボーナスとしてもらえるチャンスです。
f:id:tiad2417:20180524164653p:plain



【キャンペーン期間】

2018年5月1日(火)~2018年6月30日(土)


【キャンペーン特典内容】


①まずは、以下のバナーから新規無料会員登録を行いましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト





②その上で、7月31日までに5,000ポイントを獲得すると、1,000円分のポイントを獲得できます。

※確定ポイント数で5,000ポイント必要ですので、ポイント付与タイミングの早いものを選んで実施する必要があります。ちょっとハードルが高いかもしれません。






③ポイントウォレットVISAプリペイドを6月30日までに新規発行し、7月31日までに1,000円以上チャージすると300円分のポイントが獲得できます。

※これは正直やらなくてもいいと思います。



入会キャンペーンを活用して、スタートダッシュを決めましょう!









そして3つ目が、ポイントタウンです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

f:id:tiad2417:20180403103229p:plain


ポイントタウンは、多くの人が知っている大企業GMOが運営するポイントサイトです。

そういった意味では非常に安心感があります。




Pabloが思うポイントタウンの強みは、買い物案件です。

ポイントタウンには「お買い物保証制度」というものがあります。
f:id:tiad2417:20180403103849p:plain

「せっかくポイントタウンを経由して買い物をしたのに、ポイントがつかない」というのが基本的にはありません。
これは、結構な強みです。

安心して、積極的に買い物を利用できますよね。



また、LINEソラチカルートの中で、唯一LINEポイントに100%の価値で直接交換ができます。


f:id:tiad2417:20180405152830p:plain


ポイントタウンは、LINEソラチカルートの中で最短でANAマイルを81%という高交換率で交換できます。

これは非常に貴重な存在です。




弱点を言えば、ポイント数のわかりづらさが挙げられます。

20ポイント=1円分って・・・。
そのため、見た目上、高ポイントに見えても注意が必要です!



それ以外は、非常に有用なポイントサイトですので、是非とも登録しておきましょう。


こちらのバナーから無料登録すると、300円分のポイントがもらえます。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン




ポイント

ショートカット版LINEソラチカルートで利用する、ちょびリッチ・モッピー・ポイントタウンの3つのポイントサイトは、すぐにでも登録しておきましょう。




ステップ2:LINEソラチカルートで利用する中継サイトGポイントの会員登録をする



ショートカット版LINEソラチカルートで利用する3つのポイントサイトへの登録は完了しましたか?


前述の通り、ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに81%という高交換率で交換するためには、いくつかの経由地を通らなければなりません。


このLINEソラチカルートで絶対外せないのが、中継サイトGポイントです。

f:id:tiad2417:20180405153511p:plain




Gポイントのメインの役割は、ステップ1で紹介した3つのポイントサイトのうち、ちょびリッチとモッピーのポイントを、LINEポイントに最高交換率で交換することです。

f:id:tiad2417:20180405154310p:plain



この役割を担えるのが、Gポイントというサイトだけです。

Gポイント




また、Gポイントは中継サイトという役割だけでなく、ポイントサイトとしてポイント自体も稼ぐことが出来ます。


全体的に他のポイントサイトより、ポイント付与率は高くないので基本的にはポイントを稼ぐという役割では使用しません。


しかし、外食モニター案件のポイント付与率は、他のポイントサイトに引けを取りません。
f:id:tiad2417:20180403110436p:plain


そういった意味で、Gポイントの外食モニター案件は積極的に取り組むといいでしょう。




そんな必須中継サイト・ポイントサイトのGポイントは、ANAマイルを大量に貯めるためには登録必須です。



以下のバナーから無料会員登録すると、50円分のポイントがもらえます。
Gポイント





ステップ3: LINEソラチカルートに必要なANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)を発行する



f:id:tiad2417:20180405155413p:plain


LINEソラチカルートを開通させるためには、1枚必ずクレジットカードを作る必要があります。



LINEポイントをANAマイルに高い交換率で交換するための、中継地として必須になるカードです。



それが、ANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードです。

f:id:tiad2417:20180403111617j:plain



なぜこのソラチカカードが必要かというと、メトロポイントを90%でANAマイルに交換できるカードだからです。

この交換率が、LINEソラチカルートの肝なんです。



メトロポイントとは東京メトロのポイントシステムですが、東京メトロが絡むクレジットカードの中でもメトロポイント→ANAマイルが90%なのは、このソラチカカードだけです。



唯一無二の90%交換率を誇ります。



このクレジットカードがなければLINEソラチカルートは成立しませんので、マストで作りましょう!




なお、今なら最大18,700マイルがもらえる入会キャンペーンが実施されています。
ANA JCBカードで旅にでよう



こちらのキャンペーンを利用して、ソラチカカード発行でもANAマイルを獲得しましょう!




なお、ご家族・ご友人にANAカードを持っている方がいたら、その人から「マイ友プログラム」で紹介してもらいましょう。


ソラチカルート入会に際しても、上記のキャンペーンに加えて、紹介してくれた人もあなたもそれぞれ500マイルずつもらえます。
www.ana.co.jp




ステップ4.:ポイントサイト案件の情報収集用に、Twitterアカウントを作成する



f:id:tiad2417:20180405160806p:plain


LINEソラチカルートに必要なポイントサイト・中継サイトの登録、ソラチカカードの入会が終わって、LINEソラチカルートが開通する見込みが立ったら、いよいよ陸マイル活動を本格始動です。


何はともあれ、ポイントサイトでANAマイルの原資となるポイントを稼がないことには、大量ANAマイルを生み出すことはことはできません。


ただ、一方で、活動スタート時はどの案件から着手したらいいのかが、わからないと思います。

実際に、Pablo自身も同じ理由で一度挫折を経験しています



そんな時の情報収集に役に立つのが、Twitterです。



多くの陸マイラーTwitterをやっています。



そこで、「〇〇というポイントサイトの●●の案件が高ポイントで出てますよー」という情報がもたらされます。

はじめのうちは特にこのツイートの情報に乗っかるのが間違いなく、また、手っ取り早いと思います。



Pablo自身も陸マイラーになるまでTwitterをやったとはありませんでしたが、情報収集ツールとしては非常に有用です。



是非、登録して活用しましょう!
https://twitter.com/signup?lang=jatwitter.com








以上が簡単4ステップですが、無事に準備は整いましたか?

あなたも今日から陸マイラーです!



ショートカット版LINEソラチカルート 全交換スケジュール



f:id:tiad2417:20180405161910p:plain


これまでに、LINEソラチカルートで簡単に毎月18,000マイルもの大量ANAマイルを生み出す仕組みを紹介しました。



この章では、LINEソラチカルートを使った際、最短でいつポイントサイトのポイントをANAマイルにすることが出来るのかを紹介します。



まず先ほど紹介したショートカット 版LINEソラチカルートのそれぞれの交換スケジュールを紹介します。

f:id:tiad2417:20180403155316p:plain


ちょびリッチ→Gポイント:即時(リアルタイム)
モッピー→Gポイント:1週間程度
ポイントタウン→LINEポイント:1~3営業日
Gポイント→LINEポイント:2~3日
LINEポイント→メトロポイント:最短25日程度(15日締め翌10日頃反映)
メトロポイント→ANAマイル:最短25日程度(15日締め翌5~7日頃反映)


つまり、ポイントサイトのポイントをLINEソラチカルートを利用して最終的にANAマイルにするには、最短でも2ヶ月程度は要するということになります。






具体的に、今から陸マイル活動をはじめるとすると、いつANAマイルになるかを以下にスケジュール化しました。

f:id:tiad2417:20180403161722p:plain

4月から陸マイル活動を始めるとした場合、上表の通り、最終的にANAマイルに変わるのは最短で7月5日~7日前後になります。




上表のスケジュールを4月活動開始の場合を具体例として、時系列で書いて行ってみます。

●各ポイントサイト・中継サイトの登録、ソラチカカードの入会申し込みをすぐにでも行う。(即時)
●各ポイントサイトでポイントを稼ぐ活動を行い、4月末までを目途に22,300円分のポイントを貯める。
●ちょびリッチ、モッピーのポイントは4月末を目途にGポイントに交換する。
●5月5~10日頃を目途に、Gポイント・ポイントタウンからLINEポイントに交換する。
●5月15日までにLINEポイントからメトロポイントへの交換申請をする
●6月10日頃にメトロポイントが付与され、それを15日までにANAマイルへの交換申請をする
●7月5~7日頃、指定のANAマイルアカウントに18,000 ANAマイルが積算される



「陸マイル活動をするぞ!」と決心してスタートしてから、ANAマイルになるまで実に2ヶ月以上かかるため、この期間にモチベーションを低下してしまい、ANAマイルを生み出すことなくやめてしまう人も多いです。


ただ、初めの18,000 ANAマイルが積算されたとき、めちゃめちゃテンションが上がります。


その後、上記ポイント獲得活動を継続して、毎月きちんと交換作業を行えば、コンスタントに18,000 ANAマイルが積算され、年間トータルで216,000 ANAマイルにもなります。



初めのポイント活動がANAマイルに結び付くまでは、いわゆる「我慢の時間」です。


我慢した分だけ大輪の花が咲きますので、とにかく続けることが大切です。


継続は力なり。


ポイント

〇貯めたポイントがANAマイルになるまで、2ヶ月程度は要する
〇はじめ我慢が必要
〇交換が習慣化すると毎月コンスタントに18,000 ANAマイルが入ってくる




LINEソラチカルートの唯一の弱点



f:id:tiad2417:20180405164225p:plain

LINEソラチカルートの唯一の弱点は、「メトロポイント→ANAマイルの1ヵ月の交換ポイント数に上限がある」ことです。


ソラチカカードのメトロポイントからANAマイルへの交換は、その90%という高い交換率と引き換えに、1ヵ月に20,000メトロポイント→18,000 ANAマイルという上限があります。



これまでたくさんの箇所で、『毎月18,000 ANAマイル・年間216,000 ANAマイル』という数字は、このメトロポイント→ANAマイルへの1ヵ月の交換上限からくるものです。


これがLINEソラチカルートの唯一の大きな弱点と言われています。





しかし、一方で、こうも思います。


年間216,000 ANAマイルで十分じゃないですか?


LINEソラチカルートと併用して、ほかのルートを利用すれば30万 ANAマイルでも40万 ANAマイルでも貯めることはできますが、その交換効率は下がってしまいます


そこまでして、年間30万ANAマイルが必要な人はごくごく限られた人だと思います。




これらの内容は、以下の記事で詳しく書いていますので、ご参照ください。
www.pablomile.com



というわけで、Pabloはこれを弱点だとは思っていません。



最後に



これまで紹介してきた「ANAマイルを大量に貯める方法」は、誰にでもできる方法です。


お金があっても、お金がなくても。

20代でも、60代でも。


本当に誰でも簡単に、少ないリスクと少ないコストで。



そのため、マイルを大量に交換する人が増えすぎて、以前の方法、旧ソラチカルートは終焉を迎えてしまいました。



この記事で紹介した"LINEソラチカルート"。

特に”ショートカット版LINEソラチカルート”は、ほとんど旧ソラチカルートに遜色がないくらい簡単で誰にでもできます。


こういった方法は、「改悪」と隣り合わせです。


始めるのであれば、すぐにでも始めることをお勧めします。

次の改悪がいつかもわかりませんので。




さぁ、大量ANAマイルを貯めて、世界中を旅しましょう!


<クロアチア・ドゥブロブニク>
f:id:tiad2417:20180404101017j:plain