リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

Pabloのゆるっと空陸マイル

海外出張と陸マイルでANAマイルを貯めて海外旅行!

≪まとめ≫【Pablo旅 2017:スペイン・ドイツ旅行記】

スペイン・ドイツ旅行記 まとめ


どーも、Pabloです。


2017年 Pablo旅:スペイン・ドイツ旅行記をこれまで6回に渡りお送りしてきましたが、時系列で長々と書いてきたためまとめます。

ざっくりとした費用・スケジュールに関してもご紹介しますので、皆様の参考になればウレシイです。


では、行ってみましょう。



f:id:tiad2417:20170713192707j:plain




旅行の概要



今回は、Pablo家恒例の年に1度の海外旅行でした。


まずザックリとした概要です。

f:id:tiad2417:20170713170842p:plain



期間は10日間で、毎年と同程度です。
やはり、ヨーロッパに行くならこの程度の日程はあった方が楽しめます。

行き先はスペイン・ドイツです。
ドイツは乗継場所として使えるため、ストップオーバーでミュンヘンに2日間寄るというプランにしました。

航空券は、海外出張などで貯めたマイルにて特典航空券を利用しました。
つまり、燃油サーチャージ等の諸費用のみ負担をしました。

ホテルは、1泊は貯まっていたマリオットポイント、もう1泊は貯まっていたHotels.comリワードの1泊分を利用しています。
そのため、そのほかの6泊を手だしで負担しています。

スケジュール


今回のラフスケジュールは、以下の通りでした。
f:id:tiad2417:20170713171754p:plain


まぁ、移動が多い…


地図上での移動を表現すると…
f:id:tiad2417:20170713180830p:plain


フランクフルトは往路の乗り継ぎのみでしたのでそれを除くと、10日間で5都市を巡るプランでした。

Pablo家の旅行はいつも「ゆっくりする」というスタイルではないため問題はありませんが。


今回は、マドリードを起点としてスペイン南部のアンダルシア地方を巡るという事を目的としていました。
アンダルシア地方は、その魅力がいくつかの街に点在しているためこういったスケジュールになるのは必然でした。

まぁ、実際やってみると、そんなに大変とは感じませんでしたね。


費用



今回の旅行にかかった費用概算はこちらです。
f:id:tiad2417:20170713173245p:plain

もちろんこの中に現地での買い物や食事代は入れていませんが、大きな部分を占める固定費はこれで全てです。


ちなみに、これ2人分です。


2人分で179,000円ですので、1人当たりの金額は90,000円程度です。

そう考えるとかなり安い方だと思いませんか?


今回はスペイン版新幹線Renfe AVEに乗ったりしてますので、これでも少し多めにかかった方かと。


旅行記まとめ


その1 Day0 - Day1 事前準備~マドリード到着



www.pablomile.com


f:id:tiad2417:20170713181937p:plain


【Day0】

Day0とは、つまり、今回の旅行の準備に関して書いています。

とくに、プレミアムエコノミー獲得のためのアクションを紹介しています。

旅全体が良くなるも悪くなるも、この事前準備次第です。


【Day1】

そして、いよいよ迎えるDay1です。

ANA上級会員の特典等を紹介しながら、目的地マドリードまでの道のりを描いています。

特に良かったのが、ルフトハンザのSenator Loungeとマリオット系列ACホテルの部屋のアップグレードです。

結局マドリードのホテルに到着したのが、午前1時前でしたが。



その2 Day2 - Day3 マドリードコルドバグラナダ



www.pablomile.com


f:id:tiad2417:20170713182353p:plain

Day1が移動だけで終わってしまったので、ここからいよいよ旅の本番です。


【Day2】

この日は朝からスペイン版新幹線Renfe AVEに乗って、一路コルドバへ向かいました。

とにかく、このRenfe AVEが快適だったので、コルドバの街よりも印象深かったです。

この日は日曜日であったためほとんどのテンポが休業していたことと、体が暑さに慣れていなかったこと、時差ボケ?があったことも相まってやる気がとにかくなく、プラプラ街歩きをしてテキトーに観光しました。

ただ、本格的なスペイン料理もこの旅の初めてだったため、あまりの美味しさと安さにウレシクなっていました。



【Day3】

朝から、コルドバの最も有名な観光地「メスキータ」をさらっと見学し、次の街へ移動します。

次に目指すは、アルハンブラ宮殿があることで有名なグラナダです。

コルドバグラナダ間はバス移動が最も便利であると調べていたため、バスを利用します。
所要時間は2時間半程度です。


グラナダは、想像していたよりも街として栄えていました。
今回の旅程でもっともアクセスしづらかった場所がグラナダであったため、街も栄えていないと勝手に思っていました。

が、コルドバよりも栄えており、ショッピングも楽しめました。

アルハンブラ宮殿アルバイシン地区といった行くべき場所は、きっちり行っております。



その3 Day4 グラナダセビリア



www.pablomile.com


f:id:tiad2417:20170713183746p:plain

この回がなぜ、1日だけかというとセビリアの街が素晴らしかったからです。
適度に栄えており、食事も美味しく、今回の旅行でいった街のなかで最もよかったです。


【Day4】

グラナダセビリアの移動もやはり、バス利用が一番便利です。
約3時間の道のりです。

さきほど書いたように、セビリアの街はすばらしかったです。

あとから思えば、もう1日セビリアに費やしても良かったかなと。

セビリアで、フラメンコを見る事も出来ましたし、言うことなしです。
おすすめの街です。



ちなみに街の規模は、

コルドバグラナダセビリアマドリード

という感じでした。


セビリアは全てが「ちょうどいい」感じでした。
暑さ以外は…


その4&その5 Day5 - Day8前半 セビリアマドリード



www.pablomile.com
www.pablomile.com


f:id:tiad2417:20170713184829p:plain


Day5前半にマドリードへ移動し、Day5後半~Day8前半まではスペインの首都マドリードで過ごしました。


マドリードは首都だけあって、物価も少しだけこれまでの街よりは高いです。
そういった理由もあって、宿泊施設にアパートメントを選びました。

マドリードのスーパーで現地の食料品を買って、アパートメントで料理して食べる。
こういう形もまた、旅の楽しいスタイルです。



マドリードで3日弱何をしていたか。


ずばり買い物です。

Pabloは革靴を、奥様は服を大量購入です。
Pabloは計5足の靴を買いました。


マドリードには、あらゆるものが揃っていると言っても過言ではありません。
買い物をしたい人には最適です。

観光はあまり目ぼしいものがありませんが…


結果、この3日弱の期間も非常に楽しむことができました。

その6 Day8後半~Day10 マドリードミュンヘン~羽田



www.pablomile.com


f:id:tiad2417:20170713185746p:plain


旅のフィナーレを飾る最後の街はミュンヘンです。
帰りの乗り継ぎ地にミュンヘンを選び、ストップオーバーしました。

正直言えば、あまりいい思い出はありませんが…

買ったばかりのたっかい革靴がビールで濡れたり、ミュンヘンの街の一部の雰囲気にゲンナリしたりと…


しかし、美味しいシュニッツェルを食すことができたり、好きなドイツの文房具を購入したりと満足する部分もありました。

まぁ、スペインが楽しすぎたため、完全にミュンヘンは惰性になってしまいましたが…



まとめ


結論!

スペインはどこの街に行っても間違いない!



次スペインに行くときは、バレンシアに行きたいなー。



今回の旅は陸マイラーになる前のマイルにて準備を進めました。

次回以降は、ソラチカルートでのマイルも膨らんでいることでしょうし、SPGアメックスのポイントも貯まっているであろう事を考えると、もっと手出しの費用を抑える事が出来る予定です。


そうすれば、年に2回でも3回でも海外旅行に行けそうです。

今から楽しみです。


次はどこに行こうかな?