リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

Pabloのゆるっと空陸マイル

海外出張と陸マイルでANAマイルを貯めて海外旅行!

【Pablo旅:スペイン・ドイツ旅行記】その3:グラナダ~セビリア

Pablo旅 2017 スペイン・ドイツ その3

どうも、Pabloです。
今回も、スペイン・ドイツ旅行記です。

前回までの話はこちらです。

www.pablomile.com


それでは、今回も行ってみましょう。


DAY 4


グラナダの朝



前日にグラナダ観光にすっかり満足してしまったPablo夫妻。
(観光にすぐ飽きる…w)

そのため、グラナダの朝はゆっくりでした。

奥さまは、Pabloを置いて一人で旅ランに行ってしまいました。
Pabloはパソコンを持参していたので、少し仕事をして待っていました。


奥さまが旅ランから戻ってきたので、朝食です。



グラナダで滞在していたホテルは、メリアグラナダ
スペインのホテルチェーン、メリアグループのホテルです。
https://www.melia.com/ja/home.htm

メリアは過去にバルセロナで利用した際に、朝食ブッフェが美味しい印象がありました。

今回の朝食も種類が豊富で、楽しめました。

f:id:tiad2417:20170623151058j:plain



さて、お腹が満たされましたので、グラナダからセビリアへ移動します。


グラナダからセビリアへ移動


グラナダからセビリアの移動もバスが便利です。

コルドバからグラナダへの移動と同様に、電車は直通がなく乗り換えが必要になります。
そのため、今回もバス移動を選択します。


グラナダのバスターミナルは中心街から少し外れていますので、そこまではタクシーを利用します。


今回もALSAというバス会社を利用します。
https://www.alsa.es/en/www.alsa.es

通常の運賃は2人で、約45ユーロ。
安いですね。

しかし、少し奥さまがバスの旅に疲れていたので、少しいいSupra Economyというクラスのバスを利用する事にしました。

f:id:tiad2417:20170623152833j:plain

それでも、2人で約60ユーロでした。
約3時間の道のりです。


12:00にグラナダを出発し、15:00頃にセビリアに到着しました。

セビリアのバスターミナルも中心地から少しは離れているため、タクシーでホテルへ向かいます。


セビリア街ぶら


無事にホテルにチェックインし、とりあえず街ぶらをします。



まずは、セビリアという街を簡単にご紹介。

セビリア - Wikipedia


セビリアはスペインで4番目の都市で、アンダルシア州の州都です。
コロンブスの墓があるセビリア大聖堂が有名です。




まずは、ホテルから近いこともあり、セビリア大聖堂を拝みます。
写真をご覧頂くとわかると思いますが、日が強い強い。

迫力満点のセビリア大聖堂です。
f:id:tiad2417:20170623153609j:plain
f:id:tiad2417:20170623153649j:plain


セビリア大聖堂は世界で3番目に大きい大聖堂だそうです。
セビリア大聖堂 - Wikipedia

どうやらPabloは横に規模が大きい建物等より、縦に迫力がある建物の方が好きなようです。

アルハンブラ宮殿より、セビリア大聖堂の方が感動しました。



感動したので、遅めのランチに向かいますw

向かったのはこちら。

laCava.bar


店名の通り、スペインのスパークリングワインCavaを取りそろえたバルです。


まずはCavaで渇いたのどを潤します。
f:id:tiad2417:20170623154947j:plain

はじめは、ダーサラ
f:id:tiad2417:20170623160657j:plain

つづいて、クロケッタ(コロッケ)
f:id:tiad2417:20170623160742j:plain

店員がやたらすすめてきた、マグロのタルタル
f:id:tiad2417:20170623160826j:plain

しめに、イカ墨のリゾット
f:id:tiad2417:20170623160859j:plain


ちょっと創作系のスパニッシュですが、この店、うまし!
Cavaをもう1杯飲んで、ここでも約30ユーロです。

安い!


ご飯も食べたので、本腰を入れて観光します。


セビリア観光



まずは、エンカルナシオン広場に向かいます。

うん、なんか、すげー。
f:id:tiad2417:20170623161644j:plain




つづいて、セビリア大学に向かいます。


その途中で、コロンブス記念碑を発見。


写真の構図、いいねー。
f:id:tiad2417:20170623162034j:plain




セビリア大学に到着です。

f:id:tiad2417:20170623162201j:plain



ここは以前は、王立のタバコ工場だったそうです。
現在は校内が美しいため、観光地の一つになっています。


タバコ工場だったことを示すタイル
f:id:tiad2417:20170623162603j:plain

大学内の中庭
f:id:tiad2417:20170623162637j:plain

校内
f:id:tiad2417:20170623162736j:plain




暑さでヘロヘロになりながら、スペイン広場に向かいます。
スペイン広場という名の広場は、いろいろありますが、ここセビリアにもあります。


灼熱のなかたどり着いた達成感とともに、写真を撮ります。

f:id:tiad2417:20170623163242j:plain


やっぱりバルセロナが好きなので、バルセロナの街を表すエリアのタイルをパシャり。
f:id:tiad2417:20170623163404j:plain

iPhoneのパノラマモードで撮影を試みるも、、、イマイチ
f:id:tiad2417:20170623163557j:plain



ああ、疲れた。。。


これにて、セビリア観光は終了です。

セビリアの夜 ~フラメンコと再びバル~



クタクタになりながらも気力を振りしぼり、フラメンコ鑑賞に向かいます。

スペインと言えば、フラメンコをイメージされる人も多いのではないでしょうか?
アンダルシアの、特にこのセビリアはフラメンコの本場とされています。

もともと、Pablo夫妻はフラメンコを見る気がありませんでした。
正直あんまり興味がなかったんですねー。

スペインにいる時に、日本の友人から「フラメンコ見た?」って聞かれて、「見る予定ない」っていったら怒られました…w


向かったのはこちら。
www.lacasadelflamencosevilla.com


ここは飲食しながら見るフラメンコではなく、鑑賞のみをする劇場(?)です。

一人18ユーロで約1時間のフラメンコを鑑賞できます。

ステージを囲むように、コの字に客席は配置されています。
f:id:tiad2417:20170623165616j:plain


結論から言います!
見てよかった。


迫力が凄い!
f:id:tiad2417:20170623165654j:plain
f:id:tiad2417:20170623165740j:plain
f:id:tiad2417:20170623165842j:plain

ステージが近いので、熱気がジンジン伝わります。

ダンスも素晴しいですが、歌とギターがまたいい!
つるっとした人が情熱的に歌い上げ、ロン毛パーマの兄さんがギターを奏でます。

フラメンコは独特の哀愁があり、その哀愁が観客を引き込みます。

哀愁にみちた音楽に合わせ、ダンサーが舞う。

いやー、いい経験しました。

忠告をくれた友人に感謝。


フラメンコの熱気が冷めやらぬ中、またまたバルに向かいます。




この夜向かったのはこちら。


La BARTOLA


入店時間は夜11:00を過ぎていましたが、こころ良く迎えてくれました。

このバルは非常に人気があるようで、普通の時間だとなかなか入店できないそうです。
かえって、遅くなってよかったです。



ここでは、とりあえずの一杯はcerveza、ビールです!
が、写真が…
我慢できずに飲んじゃいました。


まず、花ズッキーニの中にチーズが入っているタパス
f:id:tiad2417:20170623171130j:plain

つづいて、サーモンのグリル ビーツソース
f:id:tiad2417:20170623172252j:plain

そして、牛のグリル
f:id:tiad2417:20170623171335j:plain


サーモンのグリルがおいしすぎて、この後再度注文しましたw

しめは、チョコレートパンナコッタとエスプレッソ
f:id:tiad2417:20170623172208j:plain

いや、昼のLaCava.barといい、ここといい、セビリアのバルは素晴しいです。

この夕食は、しめて35ユーロ。
2人でですよ?

コスパが…やばい…




気分は満たされ、お腹もふくれ、セビリアの夜は更けていきました。



まとめ



Day 4 だけで、終わってしまいました…

セビリアが大のお気に入りだったので。。。


その4へ続きます。

www.pablomile.com