pablomile.com

海外出張&陸マイルでANAマイル貯めて海外旅行!ホテルはマリオットポイントで!!

旧SPGプラチナ会員(新マリオットプラチナエリート相当)としてアメリカのSPG系ホテル4滞在で部屋の無料アップグレード等の特典をどれだけ受けられたか。

海外旅行好きにおすすめ記事3選 おすすめ1. 2018最新!簡単に年間20万ANAマイル以上を貯める方法!
おすすめ2. 宿泊特化おすすめクレジットカード SPGアメックス!
おすすめ3. 陸マイルでこれまでできなかった親孝行を!

f:id:tiad2417:20180315134154p:plain


このブログを継続的にご覧いただいている方は何度も記事にしているのでご存知でしょうが、私Pabloは2017年11月~2018年1月までの期間で、旧SPGプラチナチャレンジ(正確にはステータスチャレンジ)を経て、無事に旧SPGプラチナ会員になることができました。



旧SPG プラチナ会員は、以下のように旧SPG会員システムの頂点に君臨する最高峰会員ステータスでした。
f:id:tiad2417:20180225010307j:plain
※プラチナ会員の中にも数種類ありますが、ここでは割愛。



~2018年10月追記~

新マリオットのリワードプログラムでは、旧SPGプラチナ会員は、新プラチナエリートもしくは新プラチナプレミアエリート相当です。それぞれで得られる特典に近いものがあります。

f:id:tiad2417:20181031111705p:plain

新リワードプログラムのプラチナ、もしくはプラチナプレミアエリートの方も是非参考にしてみてください。

~追記終了~




上図の通り、旧SPGプラチナ会員というのは、なるのが難しい代わりに受けられる特典も大きい(はず)です。



旧SPG プラチナ会員への道は以下の2つの記事をご参照ください。
www.pablomile.com
www.pablomile.com




マリオット新リワードプラグラムで、プラチナエリート会員を目指す道は以下の記事をご参照ください。
www.pablomile.com





2018年2月の海外出張の際に、旧プラチナ会員になって初めてSPG系ホテルに旧SPGプラチナ会員として滞在してきました。


そこで、この記事では、旧SPGプラチナ会員がアメリカのSPG系ホテル4滞在でどんな待遇を受けられたかを紹介します。



マリオットの新リワードプログラムでプラチナ、プラチナプレミアエリート会員を目指そうと思っている方は必見(!?)です。



旧SPGプラチナプリファード会員ならではの特典(新マリオットプラチナエリート相当)



まずは、旧SPGプラチナ会員になったことで、旧ゴールド会員の時とどのように特典が変わってくるのかについてご紹介します。


以下の表の中の、緑で囲ったものが旧SPG プラチナ会員の特典です。
f:id:tiad2417:20180313160150p:plain

最高峰ステータスのため、特典はたくさんあります。



詳しくはこちらをご確認ください。
https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/about/index.html?categoryId=brand.benefits.overview#InnerPage




さて、上表内の数々の特典の中でも特に期待の大きいもの、旧ゴールド会員との差を顕著に感じるであろう項目が、赤枠内の3つです。

  1. チェックイン時に、スタンダートスイートを含む空きのある客室の中で最も良いお部屋へのアップグレード
  2. 500ボーナススターポイントのウェルカムギフト(アロフト、エレメント、フォーポイントでは250ポイント)、ギフトまたはコンチネンタルブレックファスト
  3. クラブレベルおよびエグゼクティブレベルのラウンジ特典(設備がある施設のみ)



~2018年10月追記~

ちなみに新マリオットリワードプログラムにおける、プラチナエリート、プラチナプレミアエリート会員の特典は以下の通りです。
f:id:tiad2417:20180927110612p:plain

  1. 一部スイートを含む、より望ましい部屋へのアップグレード
  2. ポイント、無料朝食、アメニティ等のアライバルギフト
  3. ラウンジへのアクセス(設備がある施設のみ)


上記を見る限り、旧SPGプラチナプリファード会員の特典と酷似しています。
そのため、同じような待遇になると予想されます。

~追記終了~





旧SPGプラチナ会員(新マリオットプラチナエリート相当)アメリカのSPG系ホテル4滞在でどれだけの特典を受けられたのか?を紹介


さきほどの3つの項目をもとに、4滞在のホテルで旧SPGプラチナ会員としてどんな待遇を受けられたかを紹介していきます。


【1滞在目】シェラトン・シカゴオヘア・エアポートホテル



f:id:tiad2417:20180314140403p:plain

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/overview/index.html?propertyID=40

このホテルは、シカゴ出張の際の定宿になりつつあるのですが。

このホテルを定宿にしている理由は、スイートルームを利用しても値段が変わらず、Pabloが勤める会社の1日当たりの宿泊費上限に収まるからです。




では、このホテルで旧SPGプラチナ会員としてどのような待遇を受けたのか、先に挙げた項目から見ていきましょう。

f:id:tiad2417:20180315112232j:plain


部屋の無料アップグレード
ウェルカムギフト
ラウンジ利用

いや、こんなもんですって。


特にアメリカですからね。


旧SPGプラチナ会員としての部屋の無料アップグレード(新マリオットプラチナエリート相当)


部屋の無料アップグレード



まず前提として、そもそもの予約が前述の通りスイートルームでした。




そのため、アップグレードはされたはされたんですが、

通常フロアスイート→クラブフロアスイート

という程度のアップグレードでした。



まぁ、そもそもそういうホテルですから。



アップグレードのしょぼさに評価はとしています。





部屋の様子は以下のような感じです。

f:id:tiad2417:20180315110209j:plain
スイートルーム<リビング側>
f:id:tiad2417:20180315110213j:plain
スイートルーム<ベッドルーム側>

そんなに「豪華」というほどではありませんね。


旧SPGプラチナへのウェルカムギフト(新マリオットプラチナエリートにもウェルカムギフトは有)


ウェルカムギフト



これは、もらえて当たり前なので""にしています。

このホテルのこの滞在は、1泊1滞在だったため、それで500スターポイント(新マリオットリワード換算 1,500ポイント)をもらえるのはうれしいものです。



ゴールド→プラチナで250 Spt → 500 Sptに倍増するのは、数字上は地味に見えますが、大きい変化です。



※新マリオットリワードプログラムでは、"シェラトン"ブランドに滞在の際のウェルカムギフトポイントは500 ポイントです。かなり目減りしてしまいました。


旧SPGプラチナ会員としてのラウンジ利用(新マリオットプラチナエリート相当)


ラウンジ利用



この項目は、結局は「滞在ホテルに施設があるかどうか」です。


あれば基本的には利用できますし、なければ利用できません。
まぁ、あるのに利用できなかったら最悪ですがね。。。



このホテルには、クラブラウンジがありましたので利用できました。

f:id:tiad2417:20180315110509j:plain



クラブラウンジの様子はこちらです。
f:id:tiad2417:20180315110925j:plain
f:id:tiad2417:20180315110929j:plain
f:id:tiad2417:20180315110933j:plain


f:id:tiad2417:20180315111047j:plain


f:id:tiad2417:20180315110608j:plainf:id:tiad2417:20180315110611j:plain
スタバのコーヒーマシーン

f:id:tiad2417:20180315111610j:plainf:id:tiad2417:20180315111516j:plain
冷たい飲み物と紅茶<無料>

f:id:tiad2417:20180315111527j:plainf:id:tiad2417:20180315111523j:plain
夜食(?)とスナック類<無料>

f:id:tiad2417:20180315112127j:plainf:id:tiad2417:20180315112122j:plain
朝食・フルーツ類<無料>




まぁ、はじめてアメリカのSPGのクラブラウンジを利用しましたが、正直しょぼいですね。


航空会社ラウンジになれてしまっているのも原因かもしれません。




注意点として、アメリカのクラブラウンジは、アルコールが有料です!!!

f:id:tiad2417:20180315111534j:plain

アメリカへ行かれる方は、あらかじめご注意ください。




【2滞在目】シェラトンスイート・シカゴ・エルクグローヴ



f:id:tiad2417:20180314140721p:plain

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/overview/index.html?propertyID=91


このホテルも、シカゴ滞在時のときによく利用します。
このホテルの売りは、全室スイートルームだということです。


立地的には車がないと非常に厳しいですが、逆に車さえあれば高速道路も近いため、利便性は高いです。


では、このホテルでも旧SPGプラチナ会員(新マリオットプラチナエリート相当)としてどのような待遇を受けたのか、見ていきましょう。

f:id:tiad2417:20180315114155j:plain

部屋の無料アップグレード
ウェルカムギフト
ラウンジ利用

ここもこんなもんです。。。


旧SPGプラチナ会員としての部屋の無料アップグレード(新マリオットプラチナエリート相当)


部屋の無料アップグレード



前述の通り、このホテルは全部屋スイートルームです。



そのため、このホテルでもアップグレードはされたはされたんですが、

通常フロアスイート→クラブフロアスイート

という程度のアップグレードでした。




クラブフロアになっただけですね。



アサインされた部屋は最上階の7階でした。
f:id:tiad2417:20180315125945j:plain




アップグレードのしょぼさに評価はとしています。



部屋の様子は以下のような感じです。

f:id:tiad2417:20180315130034j:plain
スイートルーム<リビング側>

f:id:tiad2417:20180315130038j:plain
スイートルーム<ベッド側>



そんなに「豪華」というほどではありませんね。


旧SPGプラチナへのウェルカムギフト(新マリオットプラチナエリートにもウェルカムギフトは有)


ウェルカムギフト



これも前ホテルと同様、もらえて当たり前なので""にしています。
こちらのホテルの滞在も、1泊1滞在だったため、それで500旧スターポイント(新マリオットリワード換算 1,500ポイント)をもらえました。




※新マリオットリワードプログラムでは、"シェラトン"ブランドに滞在の際のウェルカムギフトポイントは500 ポイントです。かなり目減りしてしまいました。



旧SPGプラチナ会員としてのラウンジ利用(新マリオットプラチナエリート相当)


ラウンジ利用



このホテルにも、クラブラウンジがありました。

あるのかなーっと思って、部屋のある階にエレベーターで向かうと、到着と同時に目に飛び込んできました。

f:id:tiad2417:20180315130314j:plain
7階エレベーター降りてすぐのSheraton Club Lounge



クラブラウンジの様子はこちらです。

f:id:tiad2417:20180315130531j:plain
f:id:tiad2417:20180315130556j:plain

f:id:tiad2417:20180315130644j:plainf:id:tiad2417:20180315130640j:plain
朝食時のフード類


こちらのクラブラウンジでも、前述の通りアルコールは有料でしたし、置かれているものは最低限でした。


まぁ、利用できたので”〇”といったところでしょう。



【3滞在目】Wシカゴ-シティセンター



f:id:tiad2417:20180314142050p:plain

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/overview/index.html?propertyID=97509



このホテルは今回初めて利用しました。


W ホテルブランドは、ボストン出張の時に利用して結構気に入っていましたので滞在を楽しみにしていました。

W ボストンの詳細はこちらの記事をどうぞ。





しかし、このホテル自体は残念感がありましたね。




エントランスとエレベーターあたりが、あまりキレイではなかったですねー。

f:id:tiad2417:20180315130859j:plainf:id:tiad2417:20180315130903j:plain
入り口からの通路とエレベーター前




また、フロントスタッフもいまいち感じがよくなかったです。

いわゆる「ダウンタウンのホテル」対応という感じでしょうか。



まぁこれは、旧SPGプラチナ会員特典とはあまり関係ない(関係ない?)ので、このあたりにしましょう。



このホテルの旧SPGプラチナ会員への特典は以下の通りでした。

部屋の無料アップグレード 〇?
ウェルカムギフト
ラウンジ利用 ×


旧SPGプラチナとしての部屋の無料アップグレード(新マリオットプラチナエリート相当)


部屋の無料アップグレード 〇?



結論から言うと、部屋のアップグレードはされました。


しかし、プラチナ会員特典箇所に表記されている「チェックイン時に、スタンダートスイートを含む空きのある客室の中で最も良いお部屋へのアップグレード」という内容にはとてもじゃないですが届かないようなわずかなアップグレードでした。




このWシカゴ・シティセンターの部屋のクラス順は、以下のとおりです。

コージールーム → ワンダフルルーム → スペクタキュラー → ファビュラスルーム / メガルーム → ファンタスティックスイート → マーベラススイート → Wow スイート → エクストリームスイート

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/rooms/index.html?propertyID=97509





当然、後に行くほどいい部屋です。


Pabloはそもそも、下から2番目のワンダフルルームで予約しました。


実際にアサインされた部屋は下から3番目のスペクタキュラーでした。

f:id:tiad2417:20180315132034p:plain

いや、いいんですよ?アップグレードはされているので。




ただ、「チェックイン時に、スタンダートスイートを含む空きのある客室の中で最も良いお部屋へのアップグレード」と謳っているのであれば、せめて下から4番目のファビュラスルームにしてほしかったです・・・



もしかしたら言えば変わったのかもしれませんが、なんか言うの微妙じゃないですか。
ワンダフルルームのお金しか払ってないので・・・


そういう意味では、本当は"△"にしたいところですが、アップグレード自体はされているので"〇?"としました。



プラチナ会員の皆さんは、もっとグイグイ言うのでしょうか?



部屋の様子はこんな感じでした。

f:id:tiad2417:20180315132602j:plain
入ってすぐにあるリビングスペース

f:id:tiad2417:20180315132606j:plain
リビングスペースにあるデスク


f:id:tiad2417:20180315132610j:plain
ベッド

f:id:tiad2417:20180315132613j:plain
アメニティ

f:id:tiad2417:20180315132617j:plain
お風呂&トイレ


f:id:tiad2417:20180315132621j:plain
替えのトイレットペーパー” BACK UP PLAN”


BACK UP PLANって・・・w




部屋自体はそれなりに広かったです。



旧SPGプラチナへのウェルカムギフト(新マリオットプラチナエリートにもウェルカムギフトは有)


ウェルカムギフト



これもこれまでのホテルと同様、もらえて当たり前なので"〇"にしています。
こちらのホテルの滞在も、1泊1滞在だったため、それで500スターポイントをもらえました。



※新マリオットリワードプログラムでは、"W ホテル"ブランドに滞在の際のウェルカムギフトポイントは500 ポイントです。こちらもかなり目減りしてしまいました。


旧SPGプラチナ会員としてのラウンジ利用(新マリオットプラチナエリート相当)


ラウンジ利用 ×



このホテルには、クラブラウンジ施設自体がありませんでした。

そのため、”×"としています。



【4滞在目】シェラトン・シカゴオヘア・エアポートホテル



f:id:tiad2417:20180314140403p:plain

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/overview/index.html?propertyID=40

そうです!1滞在目と同じホテルに、4滞在目として戻ってきました。



そのため、内容は割愛します。

部屋の無料アップグレード
ウェルカムギフト
ラウンジ利用

ちなみに、アサインされた部屋が、1滞在目は最上階から一つ下の階でしたが、この4滞在目は最上階でした。


このホテルのクラブルームは最上階にあるため、1滞在目よりも便利になりましたwww



あと付け加えるとしたら、この日は夕方に帰国便に搭乗する予定でしたので、14時までのレイトチェックアウトをお願いし、快諾してもらえました。




旧SPGプラチナ会員(新マリオットプラチナエリート相当)としてアメリカSPG系ホテル4滞在の総合評価



では、今回のシカゴ4滞在で旧SPGプラチナ会員(新マリオットプラチナエリート相当)としてどんな待遇を受けられたかをまとめてみます。



【総合評価】

部屋の無料アップグレード
ウェルカムギフト
ラウンジ利用


びみょーですねー。




旧SPGプラチナとしての部屋の無料アップグレード(新マリオットプラチナエリート相当)


部屋の無料アップグレード



1, 2, 4滞在目のホテルが、そもそもスイートで予約していたため、部屋のアップグレードという点ではクラブフロアになっただけでした。



あわせて、3滞在目のWシカゴ-シティーセンターのアップグレードもしょぼかったです。

下から2番目→下から3番目というアップグレードですからね。



「チェックイン時に、スタンダートスイートを含む空きのある客室の中で最も良いお部屋へのアップグレード」ということで、期待が非常に大きかったことも手伝って失望感は半端なかったです。。。


既定の旧SPGプラチナ会員特典である上記の条件を遂行してもらおうとしたら、きちんとした材料を持って交渉をしなければいい部屋へのアップグレードは厳しいかもしれません。(特にアメリカでは)

※これは、新マリオットリワード会員でも同様です。




いやー、それは苦手ですねー。

例えば、100 USDの部屋の予約しかしてないのに、「俺はプラチナ会員だから規定通りに500 USDの部屋にアップグレードしてくれ」って言わなければならないんですよね。



出来る気がしません。。。後ろめたすぎて・・・

「100 USDしか払っていないのに」という気持ちで交渉どころではなさそうな気が。。。



旧SPGプラチナへのウェルカムギフト(新マリオットプラチナエリートにもウェルカムギフトは有)


ウェルカムギフト



これは、当然のように4滞在ともに獲得できました。



500 スターポイント x 4滞在で2,000スターポイントの獲得です!
何気に大きいですよ、これ。
新マリオットポイントに換算すると、6,000マリオットポイントですからね。

※新マリオットリワードプログラムでは、かなり目減りして2,000 ポイント(旧スターポイント換算 約666スターポイント)




ウェルカムギフトの、ゴールド会員からの倍増は、地味にうれしいかもです。



旧SPGプラチナ会員としてのラウンジ利用(新マリオットプラチナエリート相当)


ラウンジ利用



クラブラウンジは、簡単に言うと、ホテルに施設があるかどうかです。
3滞在目のWホテルだけラウンジはありませんでしたが、その他はあったため、問題なく利用できました


ラウンジを利用したい方は、事前にホテルに施設があるかどうかを確認して予約しましょう。




なお、1滞在目のホテルの評価にも書きましたが、アメリカのホテルのクラブラウンジは、お酒が有料です!


そう考えると、ほかの地域ほどクラブラウンジの魅力は薄いかもしれません。






【番外編】SPGプラチナ会員としてSPG系ホテル4滞在での総獲得スターポイント



今回の4滞在で得られたスターポイントの総数を紹介します。

f:id:tiad2417:20180314170013p:plain

合計なんと 7,095 スターポイントも獲得できました!

※新マリオットリワードプログラム換算だと、21,285 ポイント



内訳は上表の通りですが、こう見るとウェルカムギフトのインパクトが大きいですね。
全体の3割弱をしめています。



そして、2018年Q1プロモのGreat Week, Grande Weekendプロモも週末ボーナスとあわせて2,638スターポイントと、全体の1/3以上になりました。

やっぱりプロモの力は大きいですね。




SPG 2018Q1プロモに関しては、こちらの記事をご参照ください。
www.pablomile.com



ちなみにエリート50%ボーナスは、旧SPGゴールド会員時と同じレートですので、旧SPGプラチナ会員としてのうま味はありません。

旧SPGプラチナ会員のうま味ということだけでいえば、ウェルカムギフトのもらえるポイント数だけですね。


まとめ



Points

思っている以上にスイートへのアップグレードは、ハードルが高い!
クラブラウンジは、ホテルに施設があるかどうかが肝!



今後、新マリオットリワードでのプラチナエリート会員を目指して新プラチナチャレンジを行おうと考えている人も多いとは思いますが、、現実は・・・こんなもんス。

ただ、「滞在先がアメリカだから」という要因が大きいのも事実です。




良いことばかりを書くのは簡単ですが、良くないこと・期待ほどでもないことを知った上で、新プラチナチャレンジを行うかどうかの判断をしてもらえればと思います。


マリオットの新プラチナチャレンジ、10万円以上は確実にかかりますからね。
総合的に判断して、後悔がないようにしましょう!





ちなみに、SPGを含む新マリオットリワードプログラムのゴールドエリート会員にはSPGアメックスというクレジットカードに入会すれば、簡単になることができます。




SPGアメックスに入会するとSPG/マリオット系のホテル宿泊がより良いものに!


SPGアメックスというクレジットカードに入会するだけで、マリオット・SPG系列のホテルを利用する際に、様々な特典を受けることができます。


f:id:tiad2417:20181019173844p:plain




SPGアメックスを利用しているPabloが考える大きな特典は、以下の5点です。

SPGアメックスの大きな特典

①SPG、マリオット、リッツカールトングループの上級会員”ゴールドエリート”になれる
②日々のクレジットカード支払いで、ホテルの無料宿泊に使えるポイントが貯められる
③貯めたポイントはホテルの無料宿泊だけでなく航空会社のマイルに高交換率で交換できる
④毎年SPGアメックスクレジットカード継続時に無料宿泊特典がもらえる
⑤さらに上のステータス"プラチナエリート会員"への大きな足掛かりになる



SPGアメックスに関する特典詳細は、以下の記事にまとめておりますので、ご参照ください。
www.pablomile.com