pablomile.com

海外出張&陸マイルでANAマイル貯めて海外旅行!ホテルはマリオットポイントで!!

統合後の新マリオットリワードプログラムで、通常ルートでのプラチナエリート会員資格獲得に挑戦した結果

海外旅行好きにおすすめ記事3選 おすすめ1. 2018最新!簡単に年間20万ANAマイル以上を貯める方法!
おすすめ2. 宿泊特化おすすめクレジットカード SPGアメックス!
おすすめ3. 陸マイルでこれまでできなかった親孝行を!

f:id:tiad2417:20180927134645j:plain


2018年8月にSPGとマリオットリワード、それぞれのプログラムが統合しました。


Pablo自身は、2017年11月~2018年1月の期間でSPGプラチナチャレンジ(正確にはステータスチャレンジ)に挑み、見事旧SPGプラチナプリファード会員になりました。
その結果、リンクされていた旧マリオットリワードでもプラチナエリート会員になることができました。
www.pablomile.com


プログラム統合後は、新マリオットリワードプログラムの新たなステータス基準により、現在はプラチナプレミアエリートという会員ステータスとなりました。



ただ、前述のSPGプラチナチャレンジのタイミング非常に悪かったこともあり(致し方なかった)、このプラチナプレミアエリートという会員スタースは、2019年2月までです。


つまり、2019年3月からは、SPGアメックス保有によるゴールドエリート会員になってしまうという事です。



という事もあり、統合前、以下の記事の通り、2018年は通常ルートでプラチナエリート会員資格を獲得する予定でした。
www.pablomile.com



ただ、プログラム統合後は会員ステータス資格条件が変更となったため、プランを作り直す必要がありました。



というわけで、この記事では、統合後の新マリオットリワードプログラムで、通常ルートで新プラチナエリート会員資格獲得を目論んだ計画とその結果を紹介します。


それでは、行ってみましょう。



新マリオットリワードプログラムでプラチナエリート会員資格獲得を通常ルートで計画した理由



まず初めに、なぜ新マリオットリワードプログラムで「プラチナエリート会員」を目指したかを紹介します。



旧SPGとマリオットリワードが統合して、8月から運用開始された新マリオットリワードプログラム(仮)。


注目すべきは、各ステータス獲得条件とそれぞれの特典です。



一覧表は以下の通りです。
f:id:tiad2417:20180926144818p:plain




これらステータスの中で、SPGアメックスというクレジットカードに入会するだけでなれてしまうのが、ゴールドエリート会員です。
f:id:tiad2417:20180926145516p:plain


このゴールドエリート会員もいわゆる上級会員ですので、クレジットカードにするだけでなれるというのはかなりお得です。

しかしながら、実は8月のプログラム統合の際にこのゴールドエリート会員特典の一部が改悪されていました。




主な改悪ポイントは以下の3点です。

●レイトチェックアウト時間 16時→14時
●朝食付き→朝食なし
●ラウンジアクセスあり→ラウンジアクセスなし




そもそもこれらの特典が、クレジットカード入会だけでなれてしまうゴールドエリート会員の特典だったことが、やりすぎではありました。



そして、これら改悪ポイントがカバーされているステータスがプラチナエリート会員なのです。
f:id:tiad2417:20180926150148p:plain




新マリオットリワードプログラムの主なプラチナエリート会員特典は以下の通りです。

●ボーナスポイント50%
●優先レイトチェックアウト(16時
●ウェルカムギフト(無料朝食を含む選択肢から選択
●客室のアップグレード(一部スイート含む
●ラウンジへのアクセス
●年間チョイス特典





ご覧いただければわかるように、ゴールドエリート会員特典との差が大きいことが明確です。

ゴールド プラチナ
ボーナスポイント 25% 50%
レイトチェックアウト 14時まで 16時まで
無料朝食 無し ウェルカムギフトの中から選択
部屋のアップグレード エンハンスド 一部スイート含む
ラウンジへのアクセス 無し あり
年間チョイス特典 なし あり


達成条件と特典内容を考慮して、もっともバランスの良いのがこのプラチナ会員であるとPabloは思いました。
f:id:tiad2417:20180926153324p:plain



以上のことから、Pabloは新マリオットリワードプログラムでプラチナエリート会員資格を目指すことにしました。




統合後の新マリオットリワードプログラムで、通常ルートでのプラチナエリート会員資格獲得を目論んだ結果



それでは、ここからpablo自身が新マリオットリワードプログラムの通常ルートで、プラチナエリート会員を目指したその軌跡と結果を紹介します。

新マリオットリワードプログラムプラチナエリート会員資格獲得条件



新マリオットリワードプログラムのプラチナエリート会員資格獲得に必要な条件は以下の通りです。

●マリオットグループのホテルに年間50泊以上利用SPG分も含む
●有償宿泊だけでなく、ポイント利用等での無償宿泊数も含む
SPGアメックス継続ボーナス5泊分も含む




簡単に条件をまとめれば、「有償・無償問わずマリオットグループのホテルに50泊以上する」ということです。



新マリオットリワードプログラムでのPabloの2018宿泊実績



では、2018年の実際のPabloの宿泊実績を紹介します。

f:id:tiad2417:20180926154801p:plain



2018年9月時点で、合計54泊。
f:id:tiad2417:20180926155311p:plain



見事、来年のプラチナエリート会員資格獲得成功です!!!



これで2019年3月~2020年2月までの1年間は、プラチナエリート会員でいられることが確定しました!
2019年2月まではプラチナプレミアエリート会員




新マリオットリワードプログラムで年間50泊以上を達成した主な要因



新マリオットリワードプログラムで年間50泊以上を達成できた主な要因は以下の通りです。

●SPGアメックス継続による5泊分の宿泊クレジットボーナス
●SPGダブルカウントキャンペーン
●ポイント宿泊等の無料宿泊分
●旧SPGと旧マリオットリワード宿泊数の実績統合





もちろん、上記以外の大きな要因は海外出張でのホテル利用によるものです。


実際に以下の通り、54泊中30泊が海外出張での宿泊実績です。
f:id:tiad2417:20180926164448p:plain



先述した4つのポイントについて簡単に説明をしていきます。


SPGアメックス継続による5泊分の宿泊クレジットボーナス



f:id:tiad2417:20180926170526p:plain


前述でも、ちらっと紹介したSPGアメックスというクレジットカードは、2年目以降のカード継続の際に、5泊分の宿泊実績をボーナスとして付与されます。
f:id:tiad2417:20180926170841p:plain


先に触れたように、新マリオットリワードプログラムのプラチナ会員資格獲得の条件は、年間50泊です。
このSPGアメックス継続ボーナスである5泊分の宿泊実績は、この条件の1割を占めます



つまり、SPGアメックスを持っていると新マリオットリワードプログラムのゴールドエリート会員になれるだけでなく、プラチナエリート会員資格取得の条件が、実質50泊→45になるという事です。


このボーナスはプラチナ会員を目指す人にとっては、実は非常に大きいです。


という訳で、2018年のPabloの宿泊実績のうち、5泊はSPGアメックス継続ボーナスで獲得しました。



SPGダブルカウントキャンペーン



f:id:tiad2417:20180926171923p:plain


2018年2月~4月の3ヶ月間に、旧SPGで対象者限定キャンペーンとしてダブルカウントキャンペーンが実施されていました。
f:id:tiad2417:20180926171622j:plain



キャンペーンの概要は、以下の通りです。

期間 : 2018年2月1日〜2018年4月30日
内容 : 上期間に実績獲得対象の有償宿泊の宿泊実績が2倍にカウントされる




キャンペーンにより、実際にはこの期間7泊にしかしていないにも関わらず、2倍の14泊の宿泊実績を獲得しています。


このダブルカウントキャンペーンも、大きな助けになりました。




ポイント宿泊等の無料宿泊分



f:id:tiad2417:20180927095413p:plain


新マリオットリワードプログラムのステータス獲得条件である「宿泊数」は、何もお金を払った有償宿泊のみがカウントされるわけではありません。


新マリオットリワードで保有しているポイントを使用した無料宿泊や、無料宿泊サーティフィケートを使用した無料宿泊も、会員ステータス獲得のための「宿泊実績」に含まれるのです。


一般ピープルにとって50泊を全て有償で利用するのは、至難のワザです。
1泊1万円だとしても、最低50万円はかかってしまいます。

このように無料宿泊がステータス獲得のための実績に加算される仕組みは、一般ピープルにとっては非常にありがたいです。



現にPabloの全実績のうち、約20%の10泊分が無料宿泊です。
f:id:tiad2417:20180927100859p:plain


この10泊の無料宿泊分加算も、追い風となりました。



旧SPGと旧マリオットリワード宿泊数の実績統合



f:id:tiad2417:20180927101607p:plain


Pabloにとって個人的に非常に強い後押しになったのが、旧SPGと旧マリオットリワード宿泊数の実績統合です。


元々、個人的にはSPG系のホテルが好きなのですが、海外出張先の責任者がマリオット好きのため、海外出張の際に利用するホテルが必然的にマリオットが多くなっていました。



そのため、

個人手配→SPG
会社手配→マリオット

という事が多くなり、実績が分散してしまっていました。



現に以下の通り、実績はSPGとマリオットでほぼ2分してしまっています。
f:id:tiad2417:20180927101938p:plain



これが頭を悩ませていましたが、4月中旬の新プログラムへの統合のニュースの1つとして、「旧SPGと旧マリオットの実績が統合カウントされる」という情報が飛び込んできて、歓喜しました。


この4月中旬以降、確実にマリオット系宿泊のハードルが下がり、宿泊数が増えていきました。


この実績統合は、非常に助けになりました。






以上4つの大きな要因により、新マリオットリワードプログラムのプラチナエリート会員資格を獲得することができました!
f:id:tiad2417:20180926155311p:plain





新マリオットリワードプログラム、プラチナエリート会員資格獲得に必要な宿泊実績50泊達成による年間チョイス特典



無事に50泊実績達成によるプラチナエリート会員資格を獲得しましたが、副次的に獲得できる特典として「年間チョイス特典」というものがあります。

f:id:tiad2417:20180927105023p:plain



年間チョイス特典の選択肢は以下の5つです。

●5泊分のエリートナイトクレジット
●5泊分のスイートナイトアワード
●シルバーエリート資格ギフト
●ユニセフを通して子供たちを支援
●お気に入りのホテルベッド40%割引




さて、どれを選ぼうか。



プラチナエリート会員の年間チョイス特典で何を選ぶか。



年間チョイス特典として、現実的にどの特典を選ぶかを考えていきます。


候補は、先ほど挙げた5つ。

●5泊分のエリートナイトクレジット
●5泊分のスイートナイトアワード
●シルバーエリート資格ギフト
●ユニセフを通して子供たちを支援
●お気に入りのホテルベッド40%割引



候補① 5泊分のエリートナイトクレジット



f:id:tiad2417:20180927132722p:plain


プラチナエリート会員より上のステータスをさらに狙うのであれば、この特典は魅力的です。


ただ、プラチナエリート会員資格獲得条件と、1つ上のステータスプラチナプレミアエリート会員資格獲得条件の差は25泊です。
f:id:tiad2417:20180927110351p:plain


この差は個人的には非常に大きいと思います。


一方で、プラチナエリート会員特典とプラチナプレミアエリート会員特典の差は、それほどあるようには現時点では感じていません。
f:id:tiad2417:20180927110612p:plain



上記を考慮すると、プラチナプレミアエリート会員を目指す理由は今のところ見つかりません


そのため、この5泊分のエリートクレジットという特典は、あまり魅力的ではありません。



候補② 5泊分のスイートナイトアワード



年間チョイス特典の中で、Palboとして、最も魅力的なのがこの「5泊分のスイートナイトアワード」です。

f:id:tiad2417:20180927112038p:plain



この特典を簡単に説明すると、スタンダードスイートもしくはプレミアムルームへの「事前確定付き」アップグレードの権利を有することができるスイートナイトアワードを5泊分獲得できるというものです。




あれ?プラチナエリート会員の特典に、「より望ましい客室へのアップグレード」があるから必要ないのでは?と思われた人もいると思います。



実際にプラチナエリート会員特典として、一部スイートルームまで含んだ「より望ましい客室へのアップグレード」はあります。
f:id:tiad2417:20180927113359p:plain



しかし、この特典は「事前確定付き」ではありません。

当日チェックイン時の空室状況と滞在ホテルスタッフの裁量により、大きく左右されてしまいます。


一方のこの特典は「事前確定付き」ですので、使いやすいとPabloは思います。
ちなみに、無料宿泊やキャッシュ&ポイント利用での滞在にも使用できるようなので、嬉しいですね。


現時点では、この「5泊分のスイートナイトアワード」が最有力候補です。



候補③ シルバーエリート資格ギフト



f:id:tiad2417:20180927132749p:plain


この特典は、友人や家族にシルバーエリート会員資格をプレゼントすることができるというものですが・・・

f:id:tiad2417:20180927114929p:plain

シルバーエリート会員の特典に全く持って魅力を感じません!


そのため、却下ですね。



候補④ ユニセフを通して子供たちを支援



f:id:tiad2417:20180927125154p:plain


この特典を選択するとユニセフUSAにマリオットから100米ドルが寄付されます。


素晴らしく高尚な行為であるのは間違いありません。。。

が、以下省略します・・・



候補⑤ お気に入りのホテルベッド40%割引



f:id:tiad2417:20180927131459p:plain


滞在した際に利用したホテルのベッドで気に入ったものがあれば後から購入できるのですが、その購入の際に40%割引になるという特典です。

どうしても欲しいホテルのベッドがあれば、お得ですのでどうそ。

Pabloはあまり興味がありません。。。




という訳で、前述の通り、Pabloは「5泊分のスイートナイトアワード」の一択ですね。




まとめ



Points

●通常ルートのプラチナエリート会員資格獲得条件は50泊
●SPGアメックスの継続ボーナスとして5泊分の宿泊実績が付与される
●獲得資格条件の宿泊実績には無料宿泊分の実績もカウントされる
●2018年は旧SPGの宿泊実績と旧マリオットの宿泊実績の合計宿泊数が実績となる
●50泊のプラチナエリート会員資格条件をクリアした際には、年間チョイス特典がもらえる

ついに、年間50泊という通常ルートでの新マリオットリワードプログラムプラチナエリート会員資格条件をクリアしました!



という訳でPabloは、

2019年2月まで→プラチナプレミアエリート会員
2020年2月まで→プラチナエリート会員

ということが確定しました!!



ありがとうございます!


加えて、5泊分のスイートナイトアワードを獲得予定ですので、より素晴らしいホテルライフを満喫できます。


前述の通りほとんどが海外出張による役得であることは否めません。
しかし、その役得を最大限に活かせるように努力してきたことも事実です。


海外出張がある方は、私Pabloのように年間50泊も可能です。
目指せる環境にある方は是非、参考にしてみてください。





新マリオットリワードプログラムでプラチナエリートを目指す人には、SPGアメックスへの入会が大きな足がかりに!


SPGアメックスというクレジットカードに入会するだけで、マリオット・SPG系列のホテルを利用する際に、様々な特典を受けることができます。


f:id:tiad2417:20181019173844p:plain




SPGアメックスを利用しているPabloが考える大きな特典は、以下の5点です。

SPGアメックスの大きな特典

①SPG、マリオット、リッツカールトングループの上級会員”ゴールドエリート”になれる
②日々のクレジットカード支払いで、ホテルの無料宿泊に使えるポイントが貯められる
③貯めたポイントはホテルの無料宿泊だけでなく航空会社のマイルに高交換率で交換できる
④毎年SPGアメックスクレジットカード継続時に無料宿泊特典がもらえる
⑤さらに上のステータス"プラチナエリート会員"への大きな足掛かりになる



SPGアメックスに関する特典詳細は、以下の記事にまとめておりますので、ご参照ください。
www.pablomile.com