リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

頑張らずANAマイルを貯めて海外旅行したい

海外でスマホどうしてる?プリペイドSIMでスマートフォンを海外で安く便利に使う方法。

海外でスマートフォンを安く便利に使う方法




どうも、Pabloです。

海外に行った時ほどスマホって重宝します。
Google map、Uber、TripAdvisorなど、スマホで使うことができれば非常に便利です。

ただ、気になるのがやはり利用料金。
あわせて、使用方法もわからない人も多いのではないでしょうか。

そんな海外でのスマホのお得な使用方法を紹介していきます。



f:id:tiad2417:20170613131750j:plain





海外でスマホを使用する3つの方法

まず、ここでいう「方法」とは、WiFi環境がない街中での使用「方法」をさします。

その方法は3つあります。

  1. 海外ローミングサービス
  2. 海外ポータブルwifiレンタル
  3. プリペイドSIM

これら、3つの方法を比較してみます。


先に結論!



f:id:tiad2417:20170609204537p:plain

上記3つの方法を3つの切り口で比較しました。

先に結論を言えば、費用面・通信速度から見て、プリペイドSIMがもっとも便利かつ費用も抑えられます。
少しでも旅慣れていれば、プリペイドSIM一択です。

もちろん、外にいるときはプリペイドSIMでの通信、ホテルやレストランでWiFiを利用できるところではWiFiを利用するのがいいでしょう。


それぞれの、メリット・デメリットについてこれから見ていきましょう。


1. 海外ローミングサービス



海外ローミングサービスとは、現在日本で契約している通信会社(docomoau, softbank)を通じて、訪問国の通信会社の電波を利用できるサービスです。

訪問国で機内モードを解除すると、利用できる通信会社の電波を自動的に拾います。




【メリット】

  • 手続きが必要ない
  • 接続が非常に簡単で誰でもできる
  • 日本の電話番号がそのまま使える

【デメリット】

  • スマホ利用料金が高額になる
  • 利用する電波の速度が遅い





何と言っても、接続が非常に簡単です。
日本を出国する際に機内モードにしたスマホの、機内モードを解除すれば現地通信会社の電波を自動的に拾ってくれます。

一方で、スマホの利用料金が高額になる恐れがあります。
日本の各通信会社が提携している各国の通信会社を利用しても、たとえばdocomoでも最低980円/日です。
しかも速度制限が付いているため日本にいる時と同様には使えません。

万一、提携通信会社がない国の場合は上限がありませんので、エゲツない請求が来る可能性があります。

現状、出張者以外でこの方法を使っている人は少ないように見受けられます。



以下は、3大通信会社docomoauSoftbankの海外通信費です。

docomo: 1日あたりの利用最安値 980円
スマホ・携帯電話を海外でつかう:WORLD WING(ワールドウィング) | サービス・機能 | NTTドコモ

au : 1日あたりの利用最安値 980円
海外で使う(au世界サービス) | 海外・国際サービス | au

Softbank : 1日あたりの利用最安値 1,980円
海外パケットし放題 | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク



2. 海外ポータブルWiFiレンタル



海外用ポータブルWiFiのレンタルは、多くの人が使ったことがあるのではないでしょうか。

簡単にいえば、海外で使用できるポータブルWiFiを貸してくれるサービスです。
空港でも、いくつかの会社が店舗を並べています。




【メリット】

  • 比較的接続が簡単
  • 海外ローミングより安い
  • 複数人で使用できる

【デメリット】

  • 通信データの制限がある
  • 持ち歩く危機が増える
  • 安いというほどの価格ではない





普段wifi接続になれている人であれば、まず問題なく接続はできます。
また、海外ローミングと比較すると安価で、さらに複数人で使用できるというメリットもあります。

一方で、通信量データ量の制限があり、制限に引っ掛かると速度が非常に遅くなります。

また、スマートフォンとは別に機器を持ち歩かなければなりません。
これは、持ち運びの問題だけではなく、充電の問題もあります。

スマホWifiも充電しなければなりません。
充電のプラグの数が圧迫されてしまいます。



3. プリペイドSIM



プリペイドSIMとは訪問する現地の通信会社が販売する「先払い式」のSIMカードです。
持っているスマホSIMカードを入れ替えれば、日本にいるときと同様にスマホを使う事ができます。




【メリット】

  • 利用価格が安い
  • 通信速度が速い
  • スマホ単体で持ち歩ける


【デメリット】

  • 少し接続方法が複雑
  • 日本の電話番号が使えない
  • SIM フリーの状態にしておく必要がある





プリペイドSIMは先にお金を払って現地の通信を買うというものですので、現地の通信速度をそのまま享受できます。
また、SIM毎交換してしまうため、持ち歩くのはスマホだけで問題ありません。
何よりもこの条件でも、費用が非常に安いです。
日本の通信会社がいかに高いかというのが、海外プリペイドSIMを使うとわかります。

加えて、先払い式ですので追加請求というものにおびえる必要がありません。


費用・内容では申し分なしのプリペイドSIMですが、多少ハードルが高いのは事実です。
多少のスマホ通信に関する知識、言語能力等が必要になります。

ただ、やり方によっては知識や言語能力がなくても簡単にできる方法もあります。
後ほど、その方法を紹介します。




具体的な料金/データ通信量/データ通信規格比較@スペイン



上記3方法を具体的な数値で比較してみます。
場所がスペインなのは、Pabloが直近に行ったからです。

f:id:tiad2417:20170613093908p:plain
※海外ローミングは国内で最も利用者が多いdocomoで比較。次のリンクを元に費用を算出。
スペインでの携帯利用 - 海外サービスエリア検索 | サービス・機能 | NTTドコモ
※海外WiFiは、価格.comの最安値のGlobal WiFiで比較。次のリンクを基に費用を算出。
価格.com - スペインで使える海外Wi-Fiレンタル料金【6社比較/高速LTE】
プリペイドSIMは実際にPabloが利用したVodafon esで比較




使用国や地域によって費用に差はありますが、どこの国や地域に行ってもこの順番はおおむね変わらないと考えて問題ありません。
差は明白ですよね。



まず、docomoのスペインにおけるローミングは、1日あたりなんと1,980円もかかってしまいます。
しかも、この金額は一日あたり24.4 MBという制限付きです。
この制限を超えると、一日あたり2,980円になってしまいます。
日本の通信会社は、どうしてこうも高いのでしょうか。



次に、価格.comの最安値Global WiFiですが、こちらは通信規格がなんと3Gです。
利用する内容にもよりますが、いまどき3Gって・・・
それで一日あたりの単価が520円です。
2人で使用すると考えると単価が260円/日になりますが、その際はデータ通信容量が一日一人あたり250 MBになってしまいます。



最後に、スペインのプリペイドSIMです。
こちらは、1ヵ月間利用する事ができ、データ容量は2 GBです。
通信規格もちゃんと4Gです。
今回は1週間での比較ですので、1週間で2 GBあれば十分ではないでしょうか。
それで、この15 €以上払う必要がありません。
ちなみに、50分間の通話も付いています。

しかも、このSIMカードは多くのヨーロッパの国々で使用することができます。
例えば、スペインの後にドイツに行くという予定がある場合も、このSIMカード1枚、15€のみでOKです。

Prepaid SIM Card during your stay in Spain | Vodafone particulares




価格や内容を見るとプリペイドSIM一択ですね。




海外プリペイドSIMの簡単な取得・設定方法



さて、プリペイドSIMを利用するにあたって唯一の懸念点である取得・設定方法です。

取得・設定方法は、実は様々あります。
スーパーやKIOSKで販売しているケースも多く、その場合は自分で設定する必要があります。
しかしながら、この方法は現地語や英語がある程度理解できないと、正しく設定する事は困難です。


今回ご紹介するのは、もっとも簡単な方法です。


通信会社の店舗に行くだけです。

英語が苦手な人でも大丈夫です!

店舗に行き、"プリペイド SIM プリーズ"というだけです。
日本語英語で大丈夫です!伝わります!




そして、店員さんに設定をお願いして下さい。

"セッティング プリーズ"でOKです。
伝わります!


これで終わりです。





現地の通信会社はググれば出てきます。
今回の場合は、Vodafone esという日本人も聞き馴染みがある通信会社を利用しました。

Vodafoneグループは日本から撤退はしましたが、ヨーロッパでは依然高いシェアを誇っています。


実際、Google Mapでスペインの任意の都市で"Vodafone"と検索すれば、わんさか出てきます。






プリペイドSIMを利用する際の注意点


海外でプリペイドSIMを利用するにあたって注意点が2点あります。





SIMフリーSIMロックフリー



SIMフリーSIMロックフリーとは
SIMロック - Wikipedia


つまりは、持っているスマホ端末が他の通信会社のSIMで利用できるかどうかです。

SIMフリー端末は、あらゆる通信会社のSIMを差し込んでも使用できます。
一方、SIMロックされている端末は、契約している通信会社のSIMカードでしか利用する事ができない状態になっています。

日本の王手通信3社の端末は基本設定として、ユーザーの流出を防ぐためにSIMロックされてしまっています。


海外でプリペイドSIMを使用するためには、SIMロック解除をする必要があります。



王手3社で契約していても、簡単にSIMロックを解除する事ができます。
ただし、機種によっては解除できないものもありますのでご注意ください。
ここ2、3年の間の機種であれば、まず解除できます。



王手3社のSIMロック解除方法は以下よりご確認ください。

docomo
SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

au
SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

Softbank
ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

※手数料がかかる場合があります。



日本のSIMカードの保管・管理


この方法で現地にてスマホを使用する場合、前述のとおりSIMカードを入れ替えます。

その際に、日本で使用しているSIMカードの管理を徹底して下さい!

万が一紛失してしまうと、日本に帰ってからめんどくさくなります。



ちなみに、日本に帰ってSIMカードをもとに戻せば日本での通常通信状態に戻ります。


今回のケースの場合、1ヵ月以内にヨーロッパに行かないのであれば、現地で使用したSIMカードは廃棄してもOKです。





まとめ



現在、通信の世界でもグローバリゼーションは進んでおり、さまざまな方法で通信を行う事が可能になりました。

よりお得で便利に使用したいですよね。

英語ができなくても、なんとかなります。


食わず嫌いをやめて、プリペイドSIMに一度チャレンジしてみませんか?
案外、簡単ですよ。


PabloはもうプリペイドSIM以外の方法を考えられないほどです。


おすすめです!




皆さんのお役に少しでも立てれば幸いです。