リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

頑張らずANAマイルを貯めて海外旅行したい

そのクレジットカード発行、本当に一番お得なサイトでやってます?





どうも、Pabloです。

陸マイル活動の柱とも言うべきクレジットカードの発行ですが、みなさんはどうやって発行する際に利用するポイントサイトを決めていますか?

陸マイラーは常識的に、また、習慣的に「どこ得」を利用して、自分が利用しているポイントサイトの中で最もポイントが高いサイトを探し出し、発行手続きを行いますよね?


本当にそれだけで十分でしょうか?


今回は、そんなお話です。

f:id:tiad2417:20170517191257p:plain








ポイントサイト経由でのクレジットカードの発行


陸マイラーの間ではクレジットカードの発行をポイントサイト経由で行うというのは、常識ですよね?

特に、クレジットカード発行は他の案件と比べても獲得できるポイント数が多く、陸マイル生活を安定して送って行く上で不可欠となっています。

また、クレジットカードとというのは驚くほど種類が多く、このことも案件としての人気の理由です。


クレジットカード発行手順


多くの人は、ソラチカルートの最上流である「ハピタス」や「ちょびリッチ」のようなポイントサイトで主にクレジットカードの発行を行っていると思います。


ご存じの人も多いとは思いますが、同一クレジットカード発行案件は多くのポイントサイトに横断的に存在しております。
それも微妙に異なる条件で。



どこのポイントサイトにて、該当するクレジットカードを発行するのが最も得かを発行手続き前に調べる必要があります。

その際、常識的に用いられているのが、「どこ得」です。
dokotoku.xxv.jp

このサイトはクレジットカード発行案件に限らず、同一案件の条件を横断的に検索・比較してくれる非常に便利なサイトです。
どの案件を実施するにも、必ずと言っていいほど使用します。



つまり、以下のようになります。
f:id:tiad2417:20170517102451p:plain


このフローにより、利用しているポイントサイトの中で最も条件がいいポイントサイト経由で発行手続きを行います。


「こんなの常識で、今さら何言ってんの?」って思われるかもしれません。



ところが、
注意が必要です。


その原因がドットマネー(.money)です。









ドットマネー(.money)


d-money.jp

ドットマネーは、Amebaが運営する1,000万人以上が利用しているポイント交換サービスサイトです。ソラチカルートを利用しているほとんどの陸マイラーの人が知っている、また、利用していると思います。



その際のドットマネーの利用方法は、例えば、

ハピタスで貯めたポイント→.moneyポイントに交換→メトロポイントに交換→ANAマイルに交換

という際の、経由地として利用するというものです。



以前は、ソラチカルートのポイント経由サイトはPeXが主流のようでしたが、現在はハピタス・ちょびリッチといった陸マイラーにとっての主要サイトからもポイント交換可能になったため、ドットマネーの利便性が大きく上がりドットマネーをメインとして使用している人も増えたと思います。









ドットマネー(.money)の別の顔


ご存知の人も多いと思いますが、ドットマネーには違う側面もあります。

それは、ドットマネーでもポイントを稼げるという事です。

ドットマネーサイト内の".money モール"というページです。

ハピタス・ちょびリッチほど案件数は多くはないですが、.moneyモール自体でもポイントを稼ぐことができます。
しかも、それなりに高条件を揃えています。


ドットマネーモールはトリッキー!?

この.moneyモールですが、実は非常にトリッキーです。

どういうことかというと、.moneyモール PC版と.moneyモール モバイル版で、同一案件での条件が違ってくるのです。


例えば、
セゾンカードインターナショナルを発行する場合

PC版サイト
f:id:tiad2417:20170517114208p:plain


モバイル版サイト
f:id:tiad2417:20170517114236p:plain

  • PC版サイト  :7,086 円分のポイント
  • モバイルサイト:9,448 円分のポイント

その差、なんと2,362 円分です!



クレジットカード発行案件では、このような事象がたくさん見られます。

基本的には、モバイルサイトの方が条件がいいです。





さらに困ったことがあります。


ドットマネーモールの数値は、ほぼ「どこ得」には反映されないのです。








ドットマネーモールのクレジットカード発行案件の獲得ポイント数は「どこ得」には反映されない?


ここでは、5/17現在の具体例をあげてみていきます。

"セゾンカードインターナショナル"の場合


【どこ得検索結果】

ポイント数 ポイントサイト
1位 8,750円分 i2iポイント
2位 8,700円分 PONEY

f:id:tiad2417:20170517131651p:plain


【.moneyモール モバイル版】

ポイント数:9,448円分

f:id:tiad2417:20170517132129p:plain


「どこ得」の最高ポイント数を698円分も超えました。
ソラチカルートのANAマイル換算すると、約628マイル分違います。

ですが、「どこ得」には掲載されていません。


MUJIカードの場合


【どこ得検索結果】

ポイント数 ポイントサイト
1位 7,400円分 i2iポイント
2位 7,100円分 げん玉


f:id:tiad2417:20170517133847p:plain



【.moneyモール モバイル版】

ポイント数:7,448円分

f:id:tiad2417:20170517134433p:plain



「どこ得」の最高ポイント数を48円分超えました。
ソラチカルートのANAマイル換算すると、約43マイル分違います。

ですが、こちらも「どこ得」には掲載されていません


その他のクレジットカードの場合

上記以外のクレジットカードに関しても、「どこ得」の最高ポイント値は越えられないものの上位にランクするポイント数を誇る案件も多数見受けられます。











ドットマネーモールでのクレジットカード発行の利点


ここまでの説明でドットマネーモールの有用性を説明してきました。


Pablo的には、更に、ドットマネーモールでクレジットカード発行をする利点があります。それは、現在ご自身が利用しているソラチカルート以外のポイントサイトに登録しなくていいという点です。


Pabloは、めんどくさがり屋なので、出来る限り少ないサイト数で陸マイルを効率よく生み出したいと考えています。



先ほどの「どこ得」をご確認いただきますと上位を占めているのが、i2iポイントであったり、ポイントインカム、モバトク等です。



Pabloは、これらのどれも登録していません。ストイックな人からすると「あり得ない」と言われてしまいそうですが、自分自身の管理キャパを考えると総合性が高いポイントサイトだけで手いっぱいです。




ドットマネーはソラチカルート上にあります。

つまり、利用ポイントサイトを増やす必要がないのです。

これは、Pabloにとっては非常に大きな利点です。


クレジットカード発行の"推奨"手順


上記を踏まえた、クレジット発行のPablo的推奨手順はこちら。

f:id:tiad2417:20170517140717p:plain



簡単にいえば、"ドットマネーモールのモバイル版を最終判断する前にチェックしましょう"という事です。



ドットマネーモール モバイルへのアクセス方法


1. スマートフォンで以下のURLへアクセス

https://d-money.jp/



2. ドットマネートップページへ

f:id:tiad2417:20170517143854p:plain




3. ページ最下部の赤枠内".moneyモール"へ

f:id:tiad2417:20170517144044p:plain



4. そこからクレジットカードの項目を探せば出てきます。


以上です。


今回、「どこ得」に関して触れていますが、決して「どこ得」を否定しているものではありません。



Pablo自身も全ての案件を実施する上で「どこ得」を利用しています。




今回の件は、.moneyモールが非常に特殊なのです。


おそらくドットマネー側が、URLは同じで、使用デバイスによってサイトを出しわけているため、サイト横断型の検索システムでは拾いきれない部分が出てきてしまうのだと思います。


誤解のないようにお願いします。











まとめ


今回紹介しましたケースは、非常に特殊です。

もしかしたら、他のサイトでもこういう現象があるのかもしれませんが、現状Pabloはドットマネーでしか見つけられていません。

今後も、みつけましたら情報共有させて頂きます。

ドットマネー、くせ者ですね~。ですが、非常に有用なサイトです。
皆さんもうまく利用して下さい。