リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

Pabloのゆるっと空陸マイル

海外出張と陸マイルでANAマイルを貯めて海外旅行!

【シミュレーション】1年間SPGアメックスをメインカードとして使い、支払に応じたポイントで特典をどの程度享受できるのか(Marriott 編)

どうも、Pabloです。


今回はSPGアメックスを支払のメインカードにした場合、どの程度スターポイントが貯まり、どの程度の特典をマリオットリワードで享受できるのかシュミレーションしてみます。

具体的なモデルケースがないとなかなかピンときませんよね?なので、今回もモデルケースを作ってシミュレーションしていきます。


SPGアメックスに関してのこれまでの記事はこちらをご参照ください。

ちまたで話題のホテル系最強クレジットカード!SPG アメックスの特徴やら特典をゆるっと解説。 - リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

SPG アメックス発行によるSPGゴールド獲得とマリオットゴールドとのステータスマッチの方法を解説します。 - リーマンPabloのゆるっと空陸マイル



今回はマリオットリワードでのシュミレーションをしてみます。

f:id:tiad2417:20170514221739p:plain

どうぞお付き合いください。

モデルケースの想定条件

シミュレーションの想定条件は以下の通りとします。


カード決済による年間ポイント獲得数 24,000 スターポイント(決済額 200,000円/月 x 12ヵ月 = 2,400,000円/年 x 1%)

スターポイントからマリオットリワードポイントへの交換比率は1:3ですので、24,000 x3 =72,000 マリオットリワードポイント(以後、MRP)でシミュレーション


ニューヨークに5泊


○現実的な、カテゴリ-3・カテゴリー4・カテゴリー5でそれぞれ検証




マリオットリワードの特典


シミュレーションを始める前に、マリオットリワードのポイントで交換できる特典について触れておきます。

無料宿泊特典


その名の通り、ポイントのみで無料宿泊できる特典です。ホテルカテゴリーにより必要なマリオットリワードポイント数が異なります。

f:id:tiad2417:20170514221317p:plain
※面倒なので、"ポイントセーバーリワード"を無視して"マリオットリワード"の数字でシミュレーションします。


キャッシュ&ポイント


その名の通り、貯めたポイントに加え、キャッシュを足すという特典の形です。こちらを使用することも十分想定できるため、合わせてシミュレーションします。

f:id:tiad2417:20170514221340p:plain




では、これら特典の条件のもと、シミュレーションを始めて行きます。



Marriott カテゴリー3

【前提】

ニューヨークのカテゴリー3のホテルの宿泊費と比較
カテゴリー3@NYの1泊あたりの平均料金は約200 USD
1USD=110JPYとして、5泊分で110,000円


カテゴリー3に分類されるのは以下のホテルです。
www.marriott.com


【無料宿泊特典の場合】

カテゴリー 軒数 5泊目無料対象 5泊分に必要なMRP 原資MRP 過不足MRP
カテゴリー3 1,079 60,000(15,000 x 4泊) 72,000 +12,000

上表のとおり、年間のSPGアメックスのクレジットカード決済で得られるSptをMRPに交換した原資72,000 MRPで十分カバーできます。


この場合の、1 MRPの価値は、

現金予約金額 支払に使うMRP MRP単価 Spt単価
110,000円 60,000 MRP 約1.8円 約5.4円

約1.8円ということになり、Sptに換算するとSpt単価は約5.4円となります。


【キャッシュ&ポイントの場合】

カテゴリー3の一泊に必要なキャッシュ&ポイントは、8,000 MRP + 55 USDです。


5泊あたりに必要なキャッシュ&ポイント

必要ポイント 必要キャッシュ 円換算 原資MRP 残MRP
カテゴリー3 40,000 275 USD 30,250円 72,000 +32,000

原資から 40,000 MRP + キャッシュ 30,250円という事です。


カテゴリー3@ニューヨークに5泊する場合、

現金予約金額 現金支払い分 MRPで補う金額
110,000円 30,250円 79,750円

ポイントを使わずに現金予約で5泊する場合は、前述にもあるように5泊合計で110,000円です。


それをキャッシュ&ポイントで賄う場合、現金支払いは30,250円ですので、MRPで補う金額は実質79,750円分と言うことです。


つまり、
約79,750円分はクレジットカード決済で貯めたSptの内MRPに交換したMRP 40,000で、
約30,250円を現金で

払うという形になります。


この場合の、1 MRPの価値は

MRPで補う金額 支払に使うMRP MRP単価 Spt単価
79,750円 40,000 MRP 約2.0円 約6.0円

約2.0円ということになり、Sptに換算するとSpt単価は約6.0円となります。


【Marriott カテゴリー3 まとめ】

使用MRP 追加キャッシュ MRP単価 Spt単価 残MRP
無料宿泊特典 60,000 0円 約1.8円 約5.4円 12,000
キャッシュ&ポイント 40,000 30,250円 約2.0円 約6.0円 32,000

MRP単価とSpt単価だけを考えると、キャッシュ&ポイントの方がお得です。が、現金支払いをしたくない場合は無料宿泊特典の一択ですね。結構追加のキャッシュも多いですし。



備考:ちなみにカテゴリー3は、件数が世界中で1,079件もあります。


Marriott カテゴリー4

【前提】

ニューヨークのカテゴリー4のホテルの宿泊費と比較
カテゴリー4@NYの1泊あたりの平均料金は約220 USD
○1USD=110JPYとして、5泊分で121,000円


カテゴリー4に分類されるのは以下のホテルです。
www.marriott.com


【無料宿泊特典の場合】


それでは、カテゴリー4に関してもポイントだけで賄う無料宿泊特典から、シミュレーションしてみます。

カテゴリー 軒数 5泊目無料対象 5泊分に必要なMRP 原資MRP 過不足MRP
カテゴリー4 773 80,000(20,000 x 4泊) 72,000 -8,000


上表の通り、8,000 MRP不足します。


【ポイント購入効率比較 SPG vs MRP】

マリオットの場合でも、SPGと同様ポイントを購入することができます。
マリオットとSPGでどちらが得か比べてみます。


【購入条件】
マリオット:1,000 MRP を12.5 USDで購入可能
SPG: 500 Sptを17.5 USDで購入可能


例えば、3,000 MRPを使いたい場合、
マリオット : 12.5 USD x 3 = 37.5 USD
SPG :17.5 x 2 =35 USD
※Spt:MRP = 1:3のため

レートだけでいうと、SPGでポイントを購入し、MRPに交換するほうが得策と言えます。


しかし、注意してください。
今回のような、8,000 MRPという3で割れない不足分であれば、Sptを購入する際、余分に購入しなければなりません。


8,000 MRPを用意するためには、Sptのポイント購入単位が500 Sptのため、3,000 Sptを購入する必要があります。

  • 3,000 Spt購入するのに必要な費用:105 USD
  • 8,000 MRP購入するのに必要な費用:100 USD


このシミュレーションのケースですと、マリオットでMRPを直接8,000分購入するほうが安くなります。しかし、たった5 USDの差で1,000 MRP余らせられるなら、Sptを3,000分購入したほうがいいかもしれませんね。


今回のシミュレーションでは、金額の安い8,000 MRPをマリオットリワードで購入するほうを使います。




不足分の8,000 MRPを購入するとした場合、

不足分 MRP MRP購入単位 MRP購入単価 不足分MRP購入金額計
8,000 1,000 1,375円 11,000円

つまりこの場合、11,000円支払うと不足分の8,000 MRPを用意でき、合計80,000 MRPでカテゴリー4のマリオット系列ホテルに5泊できるという事です。


ニューヨークのカテゴリー4に5泊する場合、

現金予約金額 現金支払い分 原資Sptで補う金額
121,000円 11,000円 110,000円

となる。

つまり、
約110,000円分はクレジットカード決済で貯めたSptをMRPへ交換したポイントで補い、
約11,000円の現金で不足分の8,000 MRPを購入する
という形になります。

この場合の、1 MRPの価値は

MRPで補う金額 支払に使うMRP MRP 単価 Spt単価
110,000円 72,000 MRP 約1.5円 約4.5円

約1.5円ということになり、Spt単価は約4.5円となります。


【キャッシュ&ポイントの場合】


カテゴリー4の一泊に必要なキャッシュ&ポイントは、11,000 MRP + 60 USDです。


5泊あたりに必要なキャッシュ&ポイント

必要ポイント 必要キャッシュ 円換算 原資MRP 残MRP
カテゴリー4 55,000 300 USD 33,000円 72,000 +17,000


すなわち、
原資から55,000 MRP + キャッシュ 33,000円
という事です。


つまり、ニューヨークのカテゴリー4に5泊する場合、

現金予約金額 現金支払い分 Sptで補う金額
121,000円 33,000円 88,000円

となります。


約88,000円分はクレジットカード決済で貯めた内のSptをMRPに交換した55,000 MRPで、
約33,000円を現金で払う
という形になります。



この場合の、1 MRPの価値は、

MRPで補う金額 支払に使うMRP MRP 単価 Spt 単価
88,000円 55,000 MRP 約1.6円 約4.8円

約1.6円ということになり、Spt単価は約4.8円となります。


【Marriott カテゴリー4 まとめ】

使用MRP 追加キャッシュ MRP単価 Spt単価 残MRP
無料宿泊特典 72,000 11,000円 約1.5円 約4.5円 0
キャッシュ&ポイント 55,000 33,000円 約1.6円 約4.8円 17,000

こちらもキャッシュ&ポイントのほうが、Spt単価が高いですね。

Marriott カテゴリー5

【前提】

ニューヨークのカテゴリー5のホテルの宿泊費と比較
カテゴリー4@NYの1泊あたりの平均料金は約250 USD
〇1USD=110JPYとして、5泊分で137,500円


カテゴリー5に分類されるホテルはこちらです。
www.marriott.com


【無料宿泊特典の場合】


カテゴリー5に関しても、ポイントで賄う無料宿泊特典から見ていきましょう。

カテゴリー 軒数 5泊目無料対象 5泊分に必要なMRP 原資MRP 過不足MRP
カテゴリー5 699 100,000(25,000 x 4泊) 72,000 -28,000

カテゴリー5の場合は必要なMRPが多いためやはり、不足MRPが多くなります

【ポイント購入効率比較 SPG vs MRP】

このケースでもポイント購入する際、SPGとマリオットリワードどちらがお得か検証します。


【購入条件】
マリオット:1,000 MRP を12.5 USDで購入可能
SPG: 500 Sptを17.5 USDで購入可能


今回のような、28,000 MRPという3で割れない不足分であれば、Sptを購入する際、余分に購入しなければなりません。
28,000 MRPを用意するためには、Sptのポイント購入が500 Sptのため、9,500 Sptを購入する必要があります。

9,500 Spt購入するのに必要な費用:332.5 USD
28,000 MRP購入するのに必要な費用:350 USD

であれば、9,500 Sptを購入したほうがよさそうですね。



カテゴリー4の時と同様に不足分を購入するとした場合

不足分 MRP 購入可能Spt単位 購入可能Spt 単価 実支払い
28,000 500 1,925円 36,575円

この場合、36,575円支払うと9,500 Sptが購入でき、それをMRPに交換すると不足分の28,000 MRPを補え、合計ポイントでカテゴリー5のSPGホテルに5泊できます。



ニューヨークのカテゴリー5に5泊する場合、

現金予約金額 現金支払い分 原資MRPで賄う金額
137,500円 36,575円 100,925円

となります。


約100,925円分はクレジットカード決済で貯めたSptをMRPに交換したポイントで補い、
約36,575円の現金で9,500 Sptを購入し、MRPに交換して不足分の28,000 MRPを補う
という形になります。



この場合の、1 MRPの価値は、

MRPで補う金額 支払に使うMRP MRP単価 Spt単価
100,925円 72,000 MRP 約1.4円 約4.2円

約1.4円|ということになり、Sptに換算するとSpt単価は約4.2円となります。


まとめますと、
ニューヨークのカテゴリー5のホテルに無料宿泊する場合、

クレジット決済で貯めたSptをMRPに交換したポイント 72,000 MRPで + 不足Spt購入金額 36,575円が必要で
MRP単価は約1.4円

です。

【キャッシュ&ポイントの場合】

カテゴリー5の一泊に必要なキャッシュ&ポイントは、14,000 MRP + 65 USDです。

5泊あたりに必要なキャッシュ&ポイント

必要ポイント 必要キャッシュ 円換算 原資MRP 残MRP
カテゴリー5 70,000 325 USD 35,750円 24,000 2,000

原資MRP 70,000 + キャッシュ 35,750円
という事です。


つまり、ニューヨークのカテゴリー5に5泊する場合、

現金予約金額 現金支払い分 原資MRPで賄う金額
137,500円 35,750円 101,750円

となります、


すなわち、
約101,750円分はクレジットカード決済で貯めたSptをMRPに交換したポイントで補い、
約35,750円を現金で払う

という形になります。



この場合の、1 MRPの価値は、

MRPで補う金額 支払に使うMRP MRP単価 Spt単価 残MRP
101,750円 70,000 MRP 約1.45円 約4.4円 2,000

約1.円ということになります。



【カテゴリー5 まとめ】

使用MRP 追加キャッシュ MRP単価 Spt単価 残MRP
無料宿泊特典 72,000 36,575円 約1.4円 約4.2円 500
キャッシュ&ポイント 70,000 35,750円 約1.45円 約4.4円 2,000


カテゴリー5も、MRP・Spt単価はキャッシュ&ポイントのほうがいいですね。
また、無料宿泊のためにポイントを購入するより、キャッシュ&ポイントのほうが現金の持ち出しが少ないです。


この前提のもとでは、カテゴリー5はキャッシュ&ポイントのほうがお得感が強いですね。


Marriott カテゴリー3~5 シミュレーション比較表&評価

使用MRP 追加キャッシュ MRP単価 Spt単価 残MRP
カテゴリー3 無料宿泊特典 60,000 0円 約1.8円 約5.4円 12,000
カテゴリー3 キャッシュ&ポイント 40,000 30,250円 約2.0円 約6.0円 32,000
カテゴリー4 無料宿泊特典 72,000 11,000円 約1.5円 約4.5円 0
カテゴリー4 キャッシュ&ポイント 55,000 33,000円 約1.6円 約4.8円 17,000
カテゴリー5 無料宿泊特典 72,000 36,575円 約1.4円 約4.2円 500
カテゴリー5 キャッシュ&ポイント 70,000 35,750円 約1.45円 約4.4円 2,000

【MRP単価・Spt単価】


全てのシミュレーションにおいて、Sptに換算した際、1 Spt = 4.2円以上になることがわかりました。
SPGアメックスでの決済では100円 = 1 Sptですので、このシミュレーションでのSPGアメックスの還元率は4.2%~6.0%になります。

特筆すべきは、SPGの際と同様に、キャッシュ&ポイントの方がSpt単価が高いということです。追加キャッシュを支払う必要はありますが、Spt単価のみを考えるとキャッシュ&ポイントを選択する方がよさそうです。



また、マリオットリワードの場合は、興味深いことにカテゴリーが低いほうがMRP単価・Spt単価がいいことがわかりました。


これはマリオットのニューヨークでの価格セッティングに要因があると思われます。

カテゴリー3〜5までで、一泊あたりの平均価格差がわずか30 USDしかありません。
一方でカテゴリー3~5までで、リワードポイントのポイント差はそれ以上に開いています。
無料宿泊の場合、一泊あたり10,000 MRPもの差が、キャッシュ&ポイントの場合、6,000 MRPもの差があります。

要するに、現金で支払う場合の価格差がほとんどないにもかかわらず、ポイントでの支払いにそれなりの差があるのです。
それゆえ、MRP単価・Spt単価がカテゴリーが上がるにつれ、下がって行ってしまうという原因です。

おそらくこれは、マリオットの総カテゴリー数の多さに起因するものと考えられます。
また、ニューヨークの一泊あたりの低カテゴリーの料金が他の地域と比べると高いということも一因となっていると思われます。


注)無料宿泊特典とキャッシュ&ポイントでの待遇は、ちょっと違うみたいなので吟味してからどちらを選択するか選んだ方がよさそうですね。

http://www.marriott.co.jp/marriott-rewards/use.mi


【追加キャッシュ】

追加キャッシュはご覧の通り、カテゴリーが上がるほど多くなります。
マリオットの比較では、シミュレーション上の最高カテゴリーの5でも追加キャッシュは少なく、30,000円代です。
そう意味では、貯めたポイントだけで賄えなくても、使いやすいですね。

【総評】

今回のは、マリオットリワードでシミュレーションを行いました。
シミュレーションにおいて、年間に貯められる24,000 Sptで、マリオットリワードポイントに交換した場合、どの程度のホテルにどういう条件で滞在出来るかがわかりました。


持ち出し現金を少なく(できれば0にしたい)という人はカバーできる範囲で考えればいいですし、追加キャッシュがあっても効率を重視したいという人はキャッシュ&ポイントも十二分に選択肢に入ると思います。



まとめ

いかがでしたでしょうか?マリオットバージョンの今回のシミュレーション。

前回の記事でも述べましたが、このシミュレーションは、当然、SPG アメックスの決済で年間に貯められるポイント数、滞在する地域の物価、為替変動によってその数値も変化します。

次回は、前回のSPGバージョンと今回のマリオットリワードバージョンを合わせて、比較・評価してみます。

お楽しみに!



◆関連記事

ちまたで話題のホテル系最強クレジットカード!SPG アメックスの特徴やら特典をゆるっと解説。 - リーマンPabloのゆるっと空陸マイル

SPG アメックス発行によるSPGゴールド獲得とマリオットゴールドとのステータスマッチの方法を解説します。 - リーマンPabloのゆるっと空陸マイル